カテゴリー

yaetoco お知らせ

2018/07/02 (Mon)

≪はじめに≫

無茶々園が事務所をおく愛媛県西予市明浜町狩江(かりえ)地区は、

宇和海を南に臨むみかん作りと水産業が盛んなまち。

住民約800人ほどの集落ですが、

耕して天に至ると表現される段々畑に穏やかで恵み豊かな海、

先祖代々受け継がれてきた秋祭りなど、

ここにしかない魅力にあふれた地域です。

 

その一方で、産業の減収傾向・少子高齢化といった課題もかかえています。

このままの状況が続けば、ゆくゆくは限界集落となり、

先人から受け継いできた里山を後世に伝えていくこともいつしか困難になるでしょう。

 

そうした課題を解決すべく、

狩江の住民たちによって組織されたのが地域づくり団体「かりとりもさくの会」。

有志が中心となって地域を盛り上げるための活動を行っています。

とはいえ、地域住民だけで新境地を拓いてくことはなかなか大変。

新しい風を吹き込んでもらうべく、

かりとりもさくの会では地域おこし協力隊を募集する運びとなりました。

 

地域おこし協力隊としての主な活動内容は、かりとりもさくの会の運営補助。

地域住民や市と連携して活動計画にもとづいた業務に従事してもらいます。

また、狩江に定住してもらうために、「地域内事業者への就職支援」も実施します。

無茶々園の仕事のお手伝いはその一環。

地域の仕事、無茶々園の仕事をこなしながら、

ゆくゆくは狩江地区に定住してもらいたいと考えています。

 

いなかで暮らしたい、地域づくりのお手伝いをしたい、

無茶々園の仕事に関わってみたいという方がいらっしゃいましたら、

下記内容をご一読の上ぜひ応募してみてください。

 

急峻な斜面に広がる段々畑、目の前には宇和海を臨む、風光明媚な場所です。

 

 

≪仕事の内容≫

❏無茶々園

地域内事業者への就職支援として、

株式会社地域法人無茶々園の仕事に携わってもらいます。

生産者と消費者をつなぎ、みなさんに無茶々園を届けること。

これが無茶々園事務局の仕事です。

生産管理・販売・業務といったさまざまな仕事がありますので、

実際に働いているスタッフの声をまとめてみました。参考にしてみてくださいね。

 

~販売事務担当 藤森美佳~

「農作物を育てる」以外のこと。それが無茶々園の事務局スタッフのしごとです。

その中で私は販売事務の担当として、

2ヶ月に1度送るニュースレター「天歩(てんぽ)」の発送準備に始まり、

注文受付などを含む消費者の方々とのやりとりや出荷補助、

時期によっては梅や豆類の選果など様々なしごとに携わっています。

もともと「無茶々園でこれがやりたい!」といった強い希望があったわけではなく、

先に移住していた夫を追いかけてきた身。

ひとつの役割に縛られることなく

多種多様な分野に取り組めることが魅力の一つだと思っています。

 

また、はじめて無茶々園の伊予柑を食べ、

「こんなにおいしいなんて!」と感動したことを今でも鮮明に覚えています。

もちろん他の柑橘やジュース・マーマレードといった加工品、

ファーマーズユニオン天歩塾の作る野菜や

祇園丸のちりめんなど挙げればきりがありませんが、

無茶々園の商品は本当においしいものばかり。

単純に自分自身が無茶々園のファンであることがしごとの原動力になっています。

 

事務局のしごとは、『私でなければできない』ことは1つもないと考えています。

だからこそ、今ある役割の中から自分ができることを増やし、

自分自身でしごとの価値高める=しごとをおもしろくするように心掛けています。

 

 

~業務担当 岩崎年浩~

生産者と消費者の仲介役となる事務局の中で、

業務担当は集出荷場が主な担当となります。

生産者から柑橘や野菜を出荷場で受け取る会話の中には、

消費者や販売先へ伝えたい情報が溢れています。

 

実際に栽培をしたことのない自分では、

充分な情報が聞き取りきれない事も多いのですが、

海外実習生に仕事を教える経験をもっている農家さん達は、

教え慣れている方も多いので、

柑橘や栽培に関する知識も聞けば学べる環境です。

 

販売計画や気候条件と照らし合わせながら、

青果物の収穫ペースの調整したり、加工品の製造計画を考えつつ、

商品がスムーズに販売されていく道筋を立てる役割になりたいと思い働いています。

 

「この仕事は、誰の利になっているのか。」

引越しを機に仕事を探す際、重視していた点です。

安心して食べられる物を選びたいと思っている消費者と、

努力して応えようとする生産者さん。

そんな人たちが満足して暮していける状況を作れれば、

きっと自分にとっても居心地が良くなるのではと思っています。

 

今回インタビューを受けてくれた藤森と岩崎。

事務所として使用している旧狩江小学校の裏の畑で撮影しました。

 

実際に無茶々園で働いているスタッフの声、いかがでしたでしょうか。

次に受け入れ団体となる「かりとりもさくの会」のお仕事について紹介します。

 

❏かりとりもさくの会

かりとりもさくの会に所属し、理事が行っている下記業務の補助をしてもらいます。

 

・理事会などの会議の運営

・議事録や報告書といった文書の作成

・会計処理

・ホームページの運営

・かりえ笑学校(旧狩江小学校)の管理

・取材対応

 

会長である原田孝二さんより一言。

「地域にとけこみ盛り上げてくれる素直で元気で明るい方をお待ちしています!」

 

かりとりもさくの会のみなさん。ほがらかで明るい人たちばかり。

左から2番目が会長の原田孝二さんです。

 

 

最後に応募条件や待遇、手続きのなどをまとめています。

西予市のホームページのリンク先も併記していますのであわせてご確認ください。

 

▼西予市 地域おこし協力隊(田舎で働き隊) ~狩江地域~

http://www.city.seiyo.ehime.jp/material/files/group/7/karitorimosakunokaiyoukou.pdf

 

≪受け入れ団体≫

・かりとりもさくの会

 

≪募集人数≫

・1名

 

≪応募条件≫

次に該当する人が応募できます。

・年齢が、満20歳以上39歳以下の方(性別は問いません。)

・生活の拠点を3大都市圏と政令指定都市または地方都市としている方。

・地域おこし協力隊員として採用後、西予市に住民票を異動し、

 地域が指定する住宅に居住できる方。

・普通自動車運転免許証を取得している方。

・住民と協力しながら、積極的に地域づくり活動のできる方。

・コミュニティビジネス・ソーシャルビジネスに興味のある方。

・任期終了後、活動地域において起業・定住に意欲がある方。

 

次に掲げる条件の何らかに該当する人は応募することができません。

・成年被後見人又は被保佐人(準禁治産者を含む)。

・禁錮以上の刑に処せられ、

 その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの人。

・過疎、山村、離島、半島等の地域に住まわれている方。

 

≪報償費、待遇、福利厚生≫

・月額172,000円(国民健康保険等自己負担分含む)。

・雇用の形態ではなく、委嘱となります。

・西予市と受入地域づくり組織が地域おこし協力隊の活動に要する

 支援業務について委託契約を締結します。

 隊員の活動や生活上の直接的な支援については、

 受入地域づくり組織が行います。

・住宅は、受入地域づくり組織(かりとりもさくの会)が準備した物件を

 無償貸与又は個人が借りた家賃を補助します。

 光熱水費等は、自己負担となります。

・活動に使用する車両については、受入地域づくり組織が貸与します。

・活動に関連して出張等を行った場合は受入地域から旅費を支給します。

 

≪委嘱およびその期間≫

・西予市から委嘱を受けるかたちになります。市との雇用関係は発生しません。

・採用の日から平成31年3月31日までを一区切りとし、年度更新により最長3年まで。

 (活動実績などにより更新をします。)

  

≪応募手続≫

下記書類を西予市役所まちづくり推進課に提出しください。

・提出書類

・せいよ地域おこし協力隊応募用紙

・履歴書(市販のもの) 1部

・レポート(字数に制限はありません。書式は自由)

 地域おこし協力隊員に応募した動機(地域を選定した理由)、

 自分にできること・やりたいこと、今までの経験を全て含めて書いてください。

 

※応募用紙は下記リンク先下部にある、

 「せいよ地域おこし協力隊応募用紙」をダウンロードしてください。

 http://www.city.seiyo.ehime.jp/ijyu/yattimiru/3365.html

※提出された個人情報については本公募のみに使用し、その他の目的には使用しません。

 

≪応募先≫

〒797-8501 愛媛県西予市宇和町卯之町三丁目434番地1

西予市役所 まちづくり推進「地域おこし協力隊員」募集係

 

≪選考方法≫

【一次選考】

書類選考の上、合否の結果を応募者全員に文書等で通知します。

 

【二次選考】

一次選考合格者を対象に、地域の方および市役所職員との面談等を実施します。

日時・場所等については、一次選考結果通知でお知らせします。

二次選考会場までの旅費は旅費規程に準じて計算し、3万円を上限に支給します。

 

【最終選考結果の通知】

二次選考終了後、速やかに二次選考受験者に文書等で通知します。

選考の経過および結果についての問い合わせには応じられませんので予めご了承下さい。

 

≪問い合わせ先≫

❏仕事の内容について

株式会社地域法人無茶々園

担当者:高瀬

電話:0894-65-1474

Fax:0894-65-1638

Eメール: emucha@muchachaen.jp

 

❏応募条件、給与待遇、諸手続きについて

西予市企画財務部まちづくり推進課 地域振興係

担当者:中井

電話:0894-62-6403

Fax:0894-62-6574

Eメール: machidukuri@city.seiyo.ehime.jp

2018/05/15 (Tue)

柑橘栽培の起点は春。

三月、葉を縮めて冬の寒さをこらえていた枝々から柔らかい春葉が吹き、

目に見えて樹が動き始めるのがわかります。

剪定に、病害虫の対策に、農家も来るべき収穫に向けた手入れがにわかに立て込む季節です。

四月に入って小さな蕾が顔を見せるようになると収穫のイメージがさらに膨らみます。

今年はどうやら蕾の数が多く、花付き良好でどうも豊作基調になりそう。

樹勢のバランスが崩れないように着果量を抑える一年になりそうな気配がしています。

 

前年の収穫がほぼ終わって新たな一年がはじまる春は、

耕作面積を減らす農家から増やす農家へ、畑のやりとりが行われる時期でもあります。

みかん栽培の全盛期であった40年、50年ほど前には、

ここ明浜でもみかん園は高額で取り引きされたそうですが、

農業人口が減るいま、なかなか良い値では売買されません。

畑の貸し借りはほとんど無償というところも少なくなく、

作りにくい畑や農道から距離が離れた畑から借り手がつかずに放棄されることになります。

全国有数の柑橘産地として通っている愛媛県の海岸部は、

急傾斜で入り組んだ地形や古くに築かれた石積みをそのまま生かしている畑が多く、

とても仕事がしやすい効率の良い条件とは言えません。

それでも営農の礎は地域で産地を形成することにあり、

何とか畑を受け継いでいこうと、作れるものが作っていくのです。

 

この春、明浜の狩浜地区では昔から無茶々園でみかんを作られてきた

原田和男さんと片山悟さんが農家を廃業されることとなりました。

傾斜地での柑橘栽培は日照や排水には恵まれる反面、決して楽な仕事ではなく、

年を重ねるにつれ、また家族の働き手が少なくなるにつれて手の回る範囲が小さくなります。

それぞれに事情があっての判断となりましたが、

同じ地域で有機栽培に一緒に取り組んできた方の引退は寂しいものです。

 

”栽培”条件には恵まれているものの、”生産”条件はなかなか厳しい地形です。

 

無茶々園ではこの20年の間に10名ほどの農家が廃業されてしまいましたが、

狩浜地区ではそのほとんどの畑が次の農家に受け継がれています。

今年廃業されたお二人の畑も、無茶々園のメンバーを中心にすべて作り続けて行くことになりました。

農家が畑をやめることになるとまずは親戚関係や特に近しい農家に耕作をあたっていきますが、

畑が多い場合にはもっと広く声を掛けていかねばなりません。

音頭を取る農家があればその人を中心に、あるいは地域の農家が集まって、

どう畑を維持していくのかが話し合われます。

そうして、拡大する意欲のあるところ、後継者のできたところ、

海外実習生が入ったところには優先的に畑を渡していくことになります。

無茶々園の直営農場部門であるファーマーズユニオン天歩塾でも、

一時期は明浜でのみかん作りからは手を引いていましたが、

この数年で明浜のみかん畑が2haほどまでに増えることになりました。

畑を受け継いだ農家の耕作面積は増え、一人当たりの面積も拡大しています。

いままで通りの範囲で済ませたいのであれば荒れるに任せれば良いものかもしれませんが、

狩浜は畑を守る意識が強く、その美しい石積みとともに地域の生産基盤を受け継いでいこうとしています。

農家の経営やみかん作りのあり方も少しずつ変わっていきますが、その歩みをまた一歩進めたこの春です。

 

時代時代に応じてかたちをつつ、この地域を継承していきたいもの。

2018/04/25 (Wed)

4月後半となり、日に日にあたたかさが増してきておりますが、

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

さて本日はイベントのお知らせです。

 

ただいま松山三越の “Slice Of Life” にて、

CLASKA Gallery & Shop “DO”のお取扱い商品としてyaetocoをご紹介しています。

 

 

「いつも使える、私の心地いい」をテーマに、

着心地の良い日常着と、暮らしを豊かにする

生活雑貨やコスメを集めたセレクトショップ “Slice Of Life”。

 

このたび松山三越の2階に、期間限定ショップとしてオープンしました。

 

yaetocoからは、

散歩やアウトドアスポーツなど汗ばむ季節に活躍する

外遊びスプレーやハンドタオルなど、

春夏の生活におすすめの商品を取り揃えています。

 

今週から無茶々園の柑橘のジュースや
寒天ゼリー、マーマレードなどの加工食品の取扱いも始まりました。

 

ショップの詳細情報はこちらよりどうぞ。

 

——————————————————

【期間】

 2017年3月末~5月7日(月)
 10:00~19:00

 

【場所】

 松山三越 2F
 〒790-8532 愛媛県松山市一番町3-1-1
 伊予鉄道城南線「大街道」駅より徒歩0分

 

【販売商品】
 ・yaetocoシリーズ一部
 ・無茶々園の柑橘類のジュース、寒天ゼリー、マーマレード
——————————————————

 

早速、無茶々園スタッフもSlice Of Lifeに立ち寄ってきました!

 

三越の販売スタッフの方とのお話しの中で、

「バスソルトのぽんかんの箱を知人にプレゼントしたらとても喜ばれました。

 自分も使ってみたのですが、本当にいい香りですね。」
と嬉しいお言葉をいただきました。

 

会期は来月のゴールデンウィーク明けまでとまだ期間もございますので、
お近くの方はぜひこの機会にお立ち寄りくださいね。

 

 

2018/04/23 (Mon)

4月もいつの間にか下旬。

桜もすっかり散り、日中は汗ばむほどに暖かくなりました。

明浜の段々畑にも少しずつみかんの花の蕾が・・・

と思っていたら、あっという間に開花ラッシュ。

今年はみかんの花が咲くのが非常に速い、そして多い!

 

花が早いのは、例年に比べて春の気温(特に4月)が高かったから。

花が多いのは、11~2月の気温が低かったので樹体の代謝量が少なく、

貯蔵養分を消耗しにくい条件だったためでしょうか。

昨年秋の日照不足や1~2月の寒波で樹が弱るのでは?と心配したりもしましたが杞憂でしたね・・・

 

そんなわけで今年はみかんがたくさん成りそう。

ここまで量があるのは久しぶりなので産地としてはうれしい限り。

しかしながら、喜んでばかりもいられません。

成るにまかせて放っておくと樹がつかれて隔年結果(※1)につながるので、

負担をやわらげるためにこの夏は摘果(※2)を「とっても」がんばらないといけません。

 

※1 果実がたくさんなる年と少ししかならない年とが交互に現れること。

※2 果実の間引き。

 

また、どう転ぶかわからないのが自然相手のお仕事。

花はついてはいるがはたして着果するのか。

(さすがにここまで多いと大丈夫だと思いますが・・・)

夏から秋にかけての天候はどうなのか。

カメムシをはじめとする病害虫の発生は。

 

心配の種はつきませんが、とりあえず豊作傾向はありがたいこと。

目の前の吉報に胸躍らせつつ、収穫にむけての段取りをひとつひとつこなしていきたいものです。

 

~2018年みかんの花ギャラリー~

 

どの樹を見ても白い花がびっしり。

 

温州みかんの花。

 

個人的な意見ですが、ポンカンの花はこじんまりしていて、かわいくて好きです。

2017/11/20 (Mon)

 

yaetocoから家族ボディミルクが登場しました。

 

“家族みんなで使えること”をコンセプトにした、

無茶々園のコスメブランドyaetoco。

11月から家族みんなで使えるボディミルクが新しく仲間入り。

お風呂上りで乾燥しがちな肌をしっとりと包んでくれるアイテムです。

 

 

家族ボディミルクの原料となる甘夏は、

夏ミカンの枝変わりとして昭和初期に誕生しました。

 

果実の大きさや果肉の様子など文旦系の特徴を持っていますが、

ほろ苦く甘酸っぱい風味は甘夏ならでは。

春先の柑橘として親しまれてきた柑橘です。

 

甘夏が普及し始めた当初からこの明浜町でも作られてきました。

この地では50年以上の歴史があります。

品種が移り変わっていく中でも、甘夏の生産量は安定しており、

昔も今も地域を支える大事な品種の一つです。

 

 

家族ボディミルクには、無茶々園で元気に育てた甘夏から抽出した蒸留水をベースに

はちみつ、真珠貝パウダー、コメヌカ油など天然成分由来をたっぷり使用しています。

 

成分だけでなく、お風呂上りにすぐ使えるようポンプ式の形にもこだわりました。

のびがいいのでワンプッシュで足や腕にさっと塗ることができ、

すぐにパジャマを着てもべたつきません。

甘夏の優しい香りが、お風呂上りのリラックスタイムをさらに和ませてくれそうです。

 

 

 

家族でたっぷり使える幸せ。

 

この商品は無茶々園のスタッフの藤森美佳が娘と一緒に愛用中。

10数年前に愛媛県の明浜町に移住、今は家族で明浜に暮らしています。

 

 

実際に使ってみてどうでしたか?

 

「職権乱用で販売前から利用しています(笑)。

 娘がアレルギー体質で乾燥肌。

 夏から秋、そして冬といった季節の変わり目は少しかゆそうにしていて…。

 でも病院で薬を貰うほどでもなくって。

 肌に優しいものにしたい、といっても世の中にあるたくさんのものから

 どうやって選べばよいかという迷いもありました。」

 

ボディミルクとしての使用感はいかがですか?

 

「今までは同じyaetocoシリーズの家族乳液を使っていたのですが、

 これを機にボディミルクにチェンジ!

 家族乳液に比べ伸びが良い事、

 プッシュ式だからお風呂上りに簡単に使えることです。

 そして大きくなったボトルで、娘にも心置きなく

 『たっぷり使っていいよ~』と言えることが決め手でした。」

 

 

 

デザインが気持ちをなごませてくれる。

 

「甘夏の絵柄がかわいく並べられたデザインだから、

 インテリアグッズっぽくなるのも嬉しいポイントなんです。

 洗面台に置いて、お風呂上りに子どもと一緒に使っています。

 このボディミルク、思ったよりたくさん入っているんです。

 1本でだいたい80プッシュ分くらい。

 見た目だけじゃなくて、中身もたっぷりでおすすめです。」

 

商品情報についてはこちらよりどうぞ。

お試し用の小さいサイズもございます。

http://muchachaen.shop-pro.jp/?pid=125010548

 

 


yaetocoとは

yaetocoは、無茶々園で栽培された柑橘の果皮からとれる精油を活用し、

新しい価値をつくりだすオーガニックコスメブランドです。

「家族で使えること」をコンセプトに無茶々園で大切に育てられた柑橘やハチミツ、

愛媛県産の真珠パウダーといった天然成分を軸にしたコスメ商品を展開しています。

 

名前の由来は、

地域に古くから伝わる「ヤーエートコー(浜は良いところ)」という秋祭りのかけ声。

 

素敵な人やコトが集まる明浜のあたたかさを、

地域の外へ、そして世界へと広げていきます。

無茶々の里から生まれた柑橘の新しいカタチ、どうぞお楽しみください。