カテゴリー

販売の部

2018/06/13 (Wed)

今年の梅もそろそろ終り。

おかげさまで過去最高の生産量となりました。

熟度も進んできていますが、今期は6/18(月)くらいまで販売を予定しています。

今年の梅しごとがまだの方は急いでご注文ください。

 

▼梅の購入はこちらから。

http://muchachaen.shop-pro.jp/?pid=90349314

 

はじめて梅しごとにチャレンジ!という方のために、簡単な作り方をまとめました。

重石もいらず、シソも使わないシンプルレシピ。ぜひチャレンジしてみてください。

 

 

材料

・梅1kg

・塩200g(梅の重量の20%)

・保存容器

 

今回は確実にできあがるように塩分20%にしています。

塩辛いものが苦手な方は10%くらいに減らしてもらっても大丈夫です。

ただし、漬けている間にカビがでないよう注意してください。

 

作り方

まず、梅の実を塩で漬けましょう。

 

1.事前に容器を熱湯で煮沸消毒して乾かしておいてください。

2.梅の実のヘタをとって水洗いしてください。

3.梅の水気を切ったら容器に塩をまぶしながら入れていきます。

4.1日2~3回、容器をゆすってください。

  少しずつ梅の実からエキスがでてきます。

5.3週間くらい経つと、梅の実が十分に漬かるくらいの量になります。

  このときできた梅エキスと塩がまざったものを「梅酢」といいます。

 

余談

このレシピは毎日瓶をゆすります。

自分に落とし込みたい格言があれば、瓶に書いておくといいでしょう。

私は今回「指月」と書きました。

 

梅雨が明けた土用のころ、

晴天が4日くらい続くタイミングを見計らって「土用干し」を行います。

 

6.平たいザルに梅干しをのせ、3日間天日で干します。

  日に一度裏返してください。

  梅酢は別の容器にいったん移しておいてください。

  夜露は大丈夫ですが、雨には当てないよう注意してください。

 

7.表面がカラリと干しあがったら出来上がり。

  梅を取り込み、煮沸消毒した保存容器にいれてください。

  最後に梅の実が漬かるくらいまで梅酢をいれ、冷暗所で保存してください。

 

 

梅を漬ける際は、瓶を使わずにジップロックのような保存袋を活用しても大丈夫。

梅と塩をいれた保存袋の上に、重石となる水をいれた容器乗せて置けば梅酢がでてきます。

欠点は見栄えが今ひとつなことでしょうか・・・

 

4日ほど経った状態。けっこう梅酢がでてきています。

 

重石を乗せた状態。残念ながらフォトジェニックではありません・・・

 

何度もいいますが、梅しごとのポイントは思いきって取り組むこと。

失敗を懼れずチャレンジしてみてください!

2018/06/07 (Thu)

今日も今日とて梅しごと。

先日梅シロップを漬けた際に余剰の梅が出たので、ついでに梅ジャムを作ってみました。
そのレシピを簡単にご紹介。

 

材料

・梅  500g

・砂糖 梅から種をぬいた重量の40~80%程度

・ジャムをいれる耐熱容器

 

作り方

  • 1.事前にジャムをいれる容器を熱湯で煮沸消毒し、乾かしておきましょう。

 

  • 2.梅の実のヘタをとって水洗い。

 

3.たっぷりの水をいれた耐熱性の鍋に梅の実をいれて弱火で煮る。

  沸騰しそうになったら火を止めて冷ましてください。冷めたらザルに上げます。

 

4.梅の実の種をとってつぶします。スプーンなどを使うとラクな気が・・・

  種についた果肉もこそげ落としましょう。

 

5.梅の実の重量を図り、それにあわせて砂糖を準備します。

 

6.梅の実を鍋にいれてひと煮立ち。

  そこに砂糖を半分ほど加え、かき混ぜながら弱火で5分ほど煮ます。

  ※今回梅の実を計量すると320g。砂糖はその70%の230gにしてみました。

 

7.ジャムの味を見ながら残りの砂糖を少しずつ加え、ゆっくりかき混ぜながら5分ほど煮詰めてください。

  とろとろになったら火を止めます。

 

8.事前に煮沸消毒しておいた耐熱容器にいれて冷蔵庫で保存しましょう。

 

↓以下、画像をまじえて梅ジャムづくりダイジェスト!

 

梅のみを煮詰めると梅の実が黄色になります。

 

煮詰めた実が冷めたら種を取ってつぶしましょう。

 

梅の実を煮詰め、砂糖を加えていきます。今回は粗糖を加えました。

 

とろとろになったら出来上がり。

今回は粗糖を使ったのでブラウンになりました。グラニュー糖でやれば、果実の色が活きますよ。

 

煮沸した保存容器に詰め、冷蔵庫で保管しましょう。

 

さて、今回出来上がったもののお味はと言いますと、

少々酸っぱい気がするものの、しっかりと甘みも感じることができました。

食感もとろっとしていてジャムらしい仕上がり。

自画自賛ですが、わりとよくできたのではないでしょうか。
よかったよかった。

 

季節の手仕事は思いきりと経験がものをいいます(個人的見解)。

今年だけといわず毎年経験を積み重ね、ご自分のお気に入りの味を見出してください。

 

▼梅の購入はこちらから。

http://muchachaen.shop-pro.jp/?pid=90349314

商品名は「梅干し用梅」ですが、シロップやジャムづくりなどの用途にもつかえますヨ。

2018/06/06 (Wed)

6月に入り、梅の出荷もピークを迎えています。

今年の梅は久しぶりの大豊作。荷受け・選別・出荷におおわらわの毎日です。

 

さて、バタバタしていておざなりにしていた今年の梅しごと。

今ではありますが、梅シロップを作ってみました。

 

本来は青梅で作るのがベストですが、少々熟した梅でも問題ありません。

まだの方はぜひ試してみてください。

作り方のコツは、細かいことは気にせず思い切って取り組むこと。

懼れずにやってみましょう!

 

 

材料

・梅1kg

・氷砂糖1kg(普通の砂糖でもかまいません)

・3リットル瓶

 

作り方

まずは下準備・・・

1.事前に容器を熱湯で煮沸消毒して乾かしておいてください。

2.梅の実のヘタをとって水洗いしてください。

3.梅の水気を切ったら竹串かフォークで果実に穴をあけましょう。

4.容器に梅、砂糖、梅、砂糖・・・の順番に積み重ねてフタをしめる。

5.1日2~3回、容器をゆすって梅と砂糖を混ぜ合わせます。

 

一週間~10日ほどして氷砂糖が溶け切ったら・・・

1.梅の実を瓶から取り出してください。

2.残ったシロップは濾過して15分ほど火を通して殺菌してください。

3.煮沸消毒した耐熱容器に移して冷蔵庫で保管しましょう。

 

出来あがった梅シロップは水やサイダーで薄めてジュースにしたり、かき氷のシロップに。

ゼリーの原料にするのもおススメです。

 

▼梅の購入はこちらから。

http://muchachaen.shop-pro.jp/?pid=90349314

商品名は「梅干し用梅」ですが、シロップやジャムづくりなどの用途にも使えます。

ただし、青梅でつくるシロップよりも濁りがでるのはご愛嬌。

 

次回は梅ジャムのレシピをご紹介。乞うご期待!

2018/05/19 (Sat)

無茶々園では、次の世代にこの豊かな海を残していくため、 海の緑化活動としてわかめの養殖を行っています。

わかめなど海藻類を植えることでプランクトンが増え、それを餌とする小魚も増えて海が豊かになっていくのです。
 
今年は、山同様に海も冷え込みが強く、水温も上がりませんでした。
その為収量は予想より少なめ。ですが、しっかりした歯ごたえの質の良いわかめが獲れました。
  
わかめの養殖
わかめの養殖は、冷え込み始める11月から12月上旬頃に幼葉をロープに巻きつけることから始まります。
 
1本1本手作業でつけていくのでなかなか大変。
 
これをロープごと海に張り育てていきます。
3月ごろになると、わかめが1~2mほどに育ち収穫を迎えるのです。
 
大きく育ったわかめは重くなり、引き上げるのも重労働。
 
 
生産者の伊藤宗和さんと収穫したばかりのわかめ。上の方にあるのは「めかぶ」です。
 
 
収穫したばかりのわかめは茶色ですが、湯通しすることで見慣れた緑色になります。
 
収穫後は付着物を取り除き、湯通し、水切り後、保存できるよう塩をまぶしていきます。
出荷前に葉と茎を切り分け、パック詰めしてようやく出荷となります。
 
わかめ生産者の伊藤さんのおすすめは「かき揚げ」。
塩抜きをして水気を切った後、たまねぎやタケノコなどと共に揚げれば春を感じるかき揚げのできあがり。
新物の食感を是非お楽しみください。
 
▼そんな「塩蔵わかめ」の購入はこちらから

2018/05/17 (Thu)

4月末にご紹介したひょう柑(期待の品種、弓削瓢柑)

予告していましたピール作りに挑戦します。

 

樹なりのひょう柑。ペクチンが多く含まれるためマーマレードやピールなどの加工むきの柑橘。

 

≪材料≫

ひょう柑 

グラニュー糖 皮重量の6割

仕上げ用のグラニュー糖 適量

ひょう柑の果汁

 

今回は3玉でピールを作ることに。

もちろんもっと大量に作ることができますが、まずは気負わず作れる量にしました。

 

≪作り方≫

①ひょう柑を櫛形に切り、果汁を搾る

②皮から内袋ごと果実を取り除き、皮を計量。さらに白い部分をこそげ落とす。

③皮を使い方に応じてカットし、3回ゆでこぼす。

④湯をきった皮にグラニュー糖を3回に分けて弱火で煮詰める。

 ※3回目は①で搾った果汁を加えて煮詰める←果汁を加えるのがジューシーに仕上げるコツ!

⑤バットに並べて冷やし、仕上げのグラニュー糖をまぶして出来上がり。

 

①細長いピールに仕上げたかったので、櫛切りに。搾った果汁も後で使うので残しておきます。

 使う玉数に応じて大さじ1杯ずつ使用するので今回は大さじ3杯分です。

 

 

②内袋ごと果実を取り除き、皮を計量。

 皮は310gありましたので煮詰める際に使うグラニュー糖は186g。

③苦味が出る白い部分をこそげ落とし、この半分くらいの太さにカットしました。

 

 

この後ゆでこぼすこと3回。

お湯を切り、さらにグラニュー糖を3回に分けて加えて煮詰めていきます。

 

④3回目に残しておいた果汁も加えることでジューシーに仕上がります。

 

冷やす際はバットにくっつかないようにクッキングシートなどを敷くことをお薦めします。

今回は買い置きが無かったのでアルミホイルで代用しました。

⑤バットに広げて冷まします。最後にまぶすグラニュー糖は飾り程度なのでお好みで調整可能です。

 

3玉でバット2つ分のピールが完成。

今回は1時間半程度で完成しましたが、食べ終わるのはあっという間です。

ぜひお試しください!

 

▼そんなひょう柑のご注文はこちらから。5月いっぱいまで販売予定です。

http://muchachaen.shop-pro.jp/?pid=101128799