カテゴリー

無茶々ブログ

2018/05/08 (Tue)

ジューシーフルーツ一大産地、愛媛県愛南町

無茶々園の春から初夏にかけての看板娘「ジューシーフルーツ」。

そのさわやかな風味とたっぷりの果汁は、これから汗ばんでくる時期にぴったりな柑橘。

無茶々園ではジューシーフルーツと呼んでいますが、本来の品種名は「河内晩柑(かわちばんかん)」。

もともと熊本生まれのこの品種が、愛南町に伝えられたのは昭和46年のこと。

愛南町の温暖な気候に大変マッチし、少しずつその量を増やしていきました。

今では全国生産量の70%(約7,100トン!)が、愛媛県南宇和郡愛南町で栽培されています。

無茶々園のジューシーフルーツも大半(80%くらい)が愛南町でできたもの。

2018年現在においては、6名の生産者が愛南町で無茶々園流の栽培に取り組んでいます。

 

さわやかな風味とたっぷりの果汁が魅力。昔は「玉三郎」という名前で販売していました。

 

 

無茶々の里・明浜から車で1時間30分ほど走ったところに位置する愛南町。

明浜と同様にリアス式の海岸が広がり、温暖な気候と豊かな自然を活かした第一次産業が盛んな地域です。

海に面した温暖な地域という点では明浜と似ていますが、

農業の取り組み方はまったく異なっており、農産物の生産も柑橘のみではありません。

平野がしっかりと拓けているので米・野菜・畜産の取り組みも盛んであり、

急峻な山々の狭間に段々畑を築いた明浜とはスケールが違います。

重機をいれて大規模な畑づくりを行ったり、水田を整備して集落営農に取り組んだり、

生産性の向上にも余念がありません。

 

明浜を飛び出してはじめたファーマーズユニオン天歩塾やドリーム農園の甘夏畑も、

もっと生産性のいい平たんな園地で大規模な有機栽培に取り組んでみよう!というものだったのでした。

一方、海においては、明浜同様に真珠の養殖が盛ん。といってもこちらは母貝を育てるのが中心。

ここで母貝を育て、宇和島や明浜で核をいれて真珠を大きくしていくのです。

また、牡蠣の養殖も主要産業のひとつ。無茶々園でも浅海さんの牡蠣が冬の定番として親しまれています。

 

 

取り組み始めて早20年

無茶々園の歴史を語る際には、避けて通れないくらい縁の深い地域となっている愛南町。

とはいえ、明浜とはかなり離れた場所に位置しています。そんな愛南町になぜ無茶々園が進出したのでしょう。

愛南町でジューシーフルーツ生産者をまとめる重鎮、

豊田正俊(とよだまさとし)さんに取り組み始めたころの思い出話を聞いてみました。

 

この人なくして南郡の取り組みは語れない、豊田正俊さん。

 

 

豊田さんが無茶々園と接点をもったのは今から30年ほど前のこと。

宇和青果協同組合(※)で理事をしていた際に、無茶々園創業メンバーのひとり、

斉藤達文と知り合ったのがそのはじまりでした。

そんな縁もあって、豊田さんが畑を整理する際に甘夏畑を3町歩ほどゆずってもらうことになったのが、

無茶々園が愛南町で柑橘づくりを本格化させたきっかけとなりました。

そして、その甘夏畑の近くに植えられていたのがジューシーフルーツ。

創業メンバーの片山元治がそれを気に入り、試しに無農薬栽培で取り組んでみたところ、

落果防止剤を散布しなかったこともあってすべて落果。

こりゃアカン!ということで、それらの樹々はいったんすべて伐ってしまいました。

 

さて、それと同じころ、関東の生協パルシステムから

「ジューシーフルーツを無茶々園で作れないか」という問い合わせがありました。

せっかくなので愛南町の生産者に声をかけ、

無茶々園流のジューシーフルーツ栽培に取り組んでみようということになり、

地域農家のまとめ役を豊田さんに担ってもらうことに。

今から20年前、1998年ごろのことです。

 

南郡での取り組みを始めた当初からのつきあい、下田道雄さん。

 

 

主要生産者のひとり、下田道雄さんにそのころのことを聞いてみると、

「無茶々園の取り組みについては、前にラジオで聞いたことがあってな。

 畜産業を営んでいたこともあってすでに堆肥を使った園地づくりをしていたし、豊田さんに声をかけられたときは、

 ちょうどよい機会だと思ってぜひ取り組んでみたいと手をあげたんよ。」とのこたえ。

とはいえ、道雄さんのような生産者ばかりではなく、

当初は栽培ルールがきちんと守られているかどうか、圃場や倉庫の視察を入念に行っていました。

また、取り組み始めた当時は無茶々園の共同選果場もまだありませんでした。

ひとりひとりの農家の倉庫に段ボールを運んで個選し、ヒイヒイいいながら箱詰めを行っていたそうです。

そのころは携帯電話などまだ普及しておらず、

豊田さんは実際に各生産者のもとをまわり、モノを見ながら数合わせをしていたとも。

「あのころに比べたらね、今は携帯電話もFAXもあるし、共同選果場もできて相当ラクになったでね。

 その分、生産に力をいれていかんとね。」

当時の苦労を思い出しながら、楽しそうに話す豊田さんでした。

 

さて、愛南町におけるジューシーフルーツの取り組みも20年がたち、生産者も次の世代に移ろうとしています。

残念ながら亡くなってしまった人、後継が途絶えてしまった人もいますが、

ありがたいことに大半の生産者には後継者ができています。

これから先も無茶々園の愛南町におけるジューシーフルーツ生産は、まだまだしぶとく続けていけそう。

無茶々園が結んだ明浜と愛南町のつながり、これからさらに深くより良くしていきたいものです。

 

▼そんな「ジューシーフルーツ」の購入はこちらから

http://muchachaen.shop-pro.jp/?pid=90432978

 

※宇和青果協同組合

大正3年創立の宇和柑橘同業組合を前身とした古い歴史をもつ柑橘専門農協です。

昭和23年に農協法制定と同時に「宇和青果農業協同組合」として発足しました。

2009年にえひめ南農業協同組合と合併、組織統合されています。

2018/05/03 (Thu)

GW真っ盛り。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 

無茶々の里の段々畑ではみかんの花が咲き誇っていますが

柑橘の花は小さく繊細で、少し触れるとすぐに花びらが散ってしまいます。

昨晩の雨で農道にはたくさんの花びらが落ちていました。

散ってしまうのは少し残念な気もしますが、その後に見えるは小さな小さな果実。

この実が暑い夏を越え色づいていくのを想像するのもまた楽しいものです。

 

 

日射しがさせば汗ばむほどの陽気となるこの季節は、

甘夏やジューシーフルーツなど大きい柑橘が勢揃い。

その中で異彩を放つのか「黄金柑」です。

明治時代から知られていた歴史的には古い品種ではありますが、生産量が少なく

「幻の柑橘」と評されることもある黄金柑。病気や害虫に強く基本的には

作りやすいのですが果実がピンポン玉大と小さいものもあり、収穫などの作業に

手がかかるのが悩みの種。全国的に生産量が伸びない原因の1つとなっています。

 

大きさは3.5~5cmくらい。ピクニックなどにどうぞ。

 

 

そういった背景がありながらも、無茶々園ではじわじわと本数を増やしています。

その理由を「やっぱり皮剥いてそのまま食べられるからやろう」と話すのは、

古くから黄金柑を作っている酒井烈(さかいあきら)さん。皮が厚い品種が多いこの時期に

少しでも食べやすい柑橘を作りたい、との思いがあるといいます。南津海(なつみ)

といった新しい品種とあわせて昔なじみの品種も残していかんしなあ、とも。

 

烈さんとフィリピン出身のデクスターさん。たっぷり実った黄金柑の前で。

 

 

皮をむけば果肉は柔らかく果汁たっぷり。見た目はとても酸っぱそうですが

そんなことはありません。5月に入り酸味が和らぎ、さらに食べやすくなってきています。

何よりも手で皮を剥いたときに広がる爽快な香りをぜひ楽しんでいただきたい、春の柑橘です。

 

 

▼そんな「黄金柑」の購入はこちらから

http://muchachaen.shop-pro.jp/?pid=100347384

2018/05/03 (Thu)

無茶々園のホームページをご訪問いただき、ありがとうございます。

 

5月3日(木)~5月5日(土)は、ゴールデンウィーク。

無茶々園もお休みさせていただきます。

休業期間中のメール・ご注文受付・お問い合わせについては、

5月7日(月)より対応いたします。

ご不便をおかけいたしますが何とぞご了承ください。

 

無茶々園の事務所がある、かりえ笑学校のグラウンドには見事なコイノボリが泳いでいます。

みなさま、よい休日をお楽しみください。

2018/04/30 (Mon)

年その量を少しずつ増やしている期待のルーキー「弓削瓢柑(ゆげひょうかん)」。

愛媛県の離島・弓削島で細々と作られていたこと、

かたちが瓢箪に似ていることからその名がつけられたそうです。

「瓢」の字が少々ややこしいこともあり、

無茶々園では「ひょう柑」という名前で販売しています。

 

名前だけでなく、その外観も個性的。柑橘には珍しい縦に長いたまご型です。

少々厚めの皮を剥けば、さわやかな香りが広がります。

果肉は小ぶりながらもプリッとした食感。なんともいえない上品な甘みが魅力です。

個人的には、内皮までとって食べていただくのがおススメ。

ひょう柑が持つ甘み、食感をよりしっかりと楽しむことができますヨ。

少々面倒ですが、ひと手間かける値打ちは十分にアリ!です。

 

縦長のかたちが印象的。内皮をがんばって剥いて食べよう!

 

さて、そんなひょう柑の今年の出来ですが、

若手農家のひとり、宇都宮司(うつのみやつかさ)さんによれば、

他の柑橘同様になかなか大変だったそう。

 

「2月の寒波で一時はどうなることかと思ったけれど、しっかり実を成らしてくれました。

ただ、選別してみたら思ったほどの収量がなかったのが残念。

ヘタまわりにでる果皮障害が多かったのと、

若い樹が多いので大きいサイズのものがたくさんできたせいかな・・・

でも、植えてから年数がたった樹は落ち着いてきているし、

何より味がとてもいい!これからもしっかり作っていきたいですね。」

 

ひょう柑の収穫を終えた畑の前でパチリ!オトコマエですなぁ・・・

 

まだまだ珍しい「ひょう柑」ですが、ぜひこの機会に食べていただき、

ご意見聞かせていただけますと幸いです。

 

▼そんな「ひょう柑」の購入はこちらから

http://muchachaen.shop-pro.jp/?pid=101128799

 

≪次回予告≫

ひょう柑の魅力はそのまま食べるだけではありません。

果皮の持つ豊かな香りを活かしてピールやマーマレードにするのもサイコウです。

パート2としてその作り方も大公開しますのでご期待ください!

2018/04/25 (Wed)

4月後半となり、日に日にあたたかさが増してきておりますが、

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

さて本日はイベントのお知らせです。

 

ただいま松山三越の “Slice Of Life” にて、

CLASKA Gallery & Shop “DO”のお取扱い商品としてyaetocoをご紹介しています。

 

 

「いつも使える、私の心地いい」をテーマに、

着心地の良い日常着と、暮らしを豊かにする

生活雑貨やコスメを集めたセレクトショップ “Slice Of Life”。

 

このたび松山三越の2階に、期間限定ショップとしてオープンしました。

 

yaetocoからは、

散歩やアウトドアスポーツなど汗ばむ季節に活躍する

外遊びスプレーやハンドタオルなど、

春夏の生活におすすめの商品を取り揃えています。

 

今週から無茶々園の柑橘のジュースや
寒天ゼリー、マーマレードなどの加工食品の取扱いも始まりました。

 

ショップの詳細情報はこちらよりどうぞ。

 

——————————————————

【期間】

 2017年3月末~5月7日(月)
 10:00~19:00

 

【場所】

 松山三越 2F
 〒790-8532 愛媛県松山市一番町3-1-1
 伊予鉄道城南線「大街道」駅より徒歩0分

 

【販売商品】
 ・yaetocoシリーズ一部
 ・無茶々園の柑橘類のジュース、寒天ゼリー、マーマレード
——————————————————

 

早速、無茶々園スタッフもSlice Of Lifeに立ち寄ってきました!

 

三越の販売スタッフの方とのお話しの中で、

「バスソルトのぽんかんの箱を知人にプレゼントしたらとても喜ばれました。

 自分も使ってみたのですが、本当にいい香りですね。」
と嬉しいお言葉をいただきました。

 

会期は来月のゴールデンウィーク明けまでとまだ期間もございますので、
お近くの方はぜひこの機会にお立ち寄りくださいね。