カテゴリー

無茶々ブログ

2013/03/02 (Sat)

あっという間に3月ですね。

伊予柑、ぽんかんの出荷はほぼ終わり、いよいよ春の柑橘の代表格、甘夏の出番がやってきました。

ほんのりとした苦味、すっきりした酸味が根強い人気を誇る甘夏。

無茶々園では俵津地区を中心に約200トン栽培しています。

 

中でもたくさん生産しているのが、宇都宮祐一さん、幸博さん親子。

先日お伺いして甘夏収獲の様子を撮影してきたのでご報告します。

 

 

甘夏畑

甘夏の樹。でかい!

よく成長したものは2階建ての家くらいの大きさがあります。

実も旺盛になるのが特徴です。

 

 

高枝切りバサミ

樹が大きいので、幸博さんは高枝切りバサミで収獲します。

便利だけど細かい作業になるなので肩がこるそうで・・・

 

 

幸博さん

高枝切りバサミでざっくり収獲したら、実のヘタの部分を剪定バサミでカット。

写っているのは宇都宮幸博さんです。

 

 

甘夏

でっぷりとした風貌。1個約300~450gくらいになります。

外皮をナイフか皮むき器でカットして、内皮をとって召し上がれ。

サラダとかヨーグルトとかにいれるのもオススメですよ。

皮を使ってマーマレードを作ることもできます。

 

甘いだけが柑橘じゃない!

ちょっとビターな大人の風味をぜひ一度試してみてくださいませ。

2013/02/16 (Sat)

2月はさまざまな柑橘が出荷される季節。

有名なものから、ちょっとマイナーな品種まで、いろいろな柑橘を楽しむことができる季節です。

その一部を簡単にご紹介しますので、興味のある品種についてはぜひ一度お試しくださいませ。

 いろんな柑橘

 

 

はるか(2月上旬~3月中旬)

見た目はレモンのように黄色いですが、果肉はプリッとしていてやわらかく、やさしい甘みのある柑橘です。

外皮が少し固めなので皮むき器で剥いたり、ナイフでカットしてお召しあがりください。

はるか

 

 

八朔(2月上旬~3月中旬)

ほんのりとした苦味が魅力的な八朔。なんともいえない独特の味わいがあります。

ぷりぷりっとした大粒の果肉は食べ応え十分。

ざっくりとナイフで切り分けていただき、爽やかで昔なつかしい風味をお楽しみください。

八朔

 

 

 

文旦(2月中旬~3月中旬)

土佐文旦は文旦系の品種の中では小さめですが、特に味がよいのが特徴です。

当初は直営農場の一角に少しあるだけでしたが、明浜でも少しずつ作り始め、その量を増やしてきました。
今では無茶々園おすすめ柑橘のひとつ。

これも八朔同様、ざっくりとナイフで切り分けて食べてください。

文旦

 

 

不知火(2月中旬~3月下旬)

オレンジ系の清見とポンカンを掛け合わせて生まれた不知火(デコポン)。

種がほとんどなく外皮も剥きやすいので、お年寄りから小さいお子様まで、幅広く楽しんでいただけます。
これからますます増えていく有望品種。一番のオススメです!

不知火(デコポン)

2013/01/26 (Sat)

今年も切干大根を作る季節がやってきました。

 

原料は松山市のはずれ、北条にある直営農場で農薬を使わず栽培した大根。

それを明浜まで運び、ちりめんの干し場を使って、潮風と天日で干しあげます。

 

 

ちょうどちりめん漁はお休みの時期。タイミングよく使わせてもらっています。

カットされた大根。潮風と天日で乾燥させると黄色っぽい色に変わります。

 

農業を志す若者たちが、地域の人たちの力を借りながら作り上げる切干大根。

宇和海から吹く潮風のおかげか、しっかりとした甘みが特徴です。

 

ぜひ一度お試しくださいませ。

2013/01/16 (Wed)

もうすぐセンター試験ですね。

受験生のみなさんは追い込み真っ最中でしょうか。

この時期、愛媛では「いい予感」とかけて伊予柑を

受験生に配ったりする様子が風物詩になっています。

いわゆる験担ぎってやつですね。

そんなわけで無茶々園でも作ってみました。

名づけて「いいよかん君」!

作り方は簡単、伊予柑に顔を書くだけ(みたまんま)。

がんばってる学生さんにプレゼントしてみてはいかがですか?

お勉強で疲れた頭をクールダウンさせるのに、うってつけかもしれませんよ。

2013/01/11 (Fri)

寒空のもと、ニンジンの出荷準備をしているのは、

ファーマーズ天歩塾のリーダー村上君とヴェトナムからきた研修生クン君。

もちろん、ファーマーズが育てた農薬不使用のニンジンです。

ファーマーズは、新規就農を目指すための長期の研修と、

農業体験を目的のした短期間の研修の受け入れを行っており、

年間50名ほどの人が研修に参加しています。

その多くは20~30代の若者です。

農業の担い手が少ないといわれる昨今、

無茶々園におけるファーマーズの活躍は一つの希望。

ファーマーズのニンジンは現在販売中です。

みなさん、応援よろしくお願いいたします!

ファーマーズユニオンのリーダー、村上君。ノリノリ。

研修生のクン君。真面目です。洗浄する機械に人参を移しています。

洗い終わった人参。ピカピカです。

※出荷するものは乾いています。