カテゴリー

無茶々ブログ

2013/07/05 (Fri)

ただ今、天歩128号の封入作業の真っ最中。
事務所内には、天歩や封筒などが所狭しと並んでいます。

 

 天歩 準備中
そんな中、地元中学生が職業体験学習として明浜事務所にやってきました。

 

この職業体験は保育所やパン屋さんなど様々な所で行うことができますが、
彼は将来みかん農家になりたい考えていて無茶々園を選んだとのこと。

 

3日間にわたる職業体験。無茶々園では1日は生産者とともに山へ。
残り2日は2つの事務所で仕事をしてもらいます。
先生も一安心
真面目に働くM君。彼の仕事ぶりに、見学にきた先生も一安心のこの笑顔。

 

この日の仕事は、ジュースや梅干しといった加工品の出荷と封入作業。
実際にみかんを育てる農家の仕事とは違うものでしたが、
中学生のM君の目に仕事とはどう映ったのでしょう。

2013/07/04 (Thu)

無茶々園の明浜事務所の近く、青いネットと内外に積まれている木。さて、これはいったいなんでしょう??

これなんだ
正解は、青いシートに囲われているのがカブトムシの家。
そして、手前の木はカブトムシの幼虫の家となる予定地(?)です。
もともとこの木は、”コンドルの干ししいたけ”のしいたけを栽培するときに
種菌を植え付けていた原木・ホダ木です。
干ししいたけを作っている無茶々の里のじいちゃんたちが、役割を終えたホダ木を
事務所の裏に集め、カブトムシを育ててみようと思い立ったのが昨年のこと。
思った通り、いやそれ以上にカブトムシが育ちました。
このカブトムシは、近くの保育所や小学校に届けられ、とても喜ばれています。
カブトムシ
”子どもの喜ぶことをしてみようと思ったんよ”
そう話す、じいちゃんたちに脱帽です。
利治さんとレービスくん
えさをあげに来た、利治さんとレビス君。来年の夏の楽しみが増えました。

 

 

 

2013/07/02 (Tue)

無茶々園では、昔から柑橘類をはじめとした産物を学校給食でもたくさん利用して

いただいております。こうした給食での産直を通じて、栄養士の先生さんたちとも

交流を深めております。

 

さて、先日、東京にてお世話になっている栄養士さんとお会いしました。

(写真の前列右から3番目の方)

栄養士さんと視察団

 

この小学校では、今年の5月に南ユタ大学の教授と学生がに視察に来られた際に、

“今日の献立”の紹介にて、無茶々園のジュースについて紹介していただきました。

 

献立(英語版)

先生が実際に無茶々園に来園してみかんの収穫をしている写真も一緒に紹介されています。

給食で使う食材を、栄養士さん自身が生産地まで足を運んで確認していただいているのです。

 

こうした取り組みを通じて、栄養士の方の「子供達に安全なものを食べて元気になってもらいたい」

との想いが伝わったのではないでしょうか。

2013/06/26 (Wed)

イベント出展のお知らせです。

といってもすでにはじまっているのですが、東急ハンズ心斎橋店さんでイベントを行っています。

その名も「えひめのいいものでおもてなし」。

http://shinsaibashi.tokyu-hands.co.jp/special/2f/post-202.html

 

同じ愛媛の企業さんといっしょに、「えひめのいいもの」というコンセプトで商品を並べさせていただいています。

無茶々園のジュースやyaetocoのアロマ・コスメの他、とってもかわいいタオルや食品など、愛媛のステキアイテム目白押し。

6/30(日)には私高瀬が売場に立っていますので、ぜひ遊びにきてくださいね。

 

売場

 

 

↓のTシャツを着た怪しいオトコが目印です。

よろしくお願いします!

 Tシャツ

 

 

次に欠品解消のご連絡です。

6/21(金)より家族化粧水(伊予柑)、家族乳液(伊予柑)の出荷を再開しております。

大変ご迷惑をおかけいたしました。

これからこのようなことのないように気をつけてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

ヤエトコ

2013/06/11 (Tue)

柑橘などと一緒にお送りしている葉書。

 

ご返信いただいたお葉書は、事務局で集約した後各生産者に届けます。

”おいしかった!”という嬉しいご意見はもちろん、”傷んでいました”、”期待外れでした”

というご意見も、私たちにとって次に生かすための大切な心の糧です。

 

お葉書

 

 

なかなかお会いすることはできませんが、お葉書を通して皆さんのお顔や

明浜から遠く離れた地域の暮らしを想像しております。

 

今日の明浜は雨があがり青空が顔をのぞかせています。

 

雨のち晴れ