カテゴリー

無茶々ブログ

2018/04/10 (Tue)

気がつけば、あっという間に4月。

明浜ではすっかり桜も散り、みかんの樹々には新しい芽が芽吹いてきました。

春は多種多様な柑橘を楽しむことができる季節。

甘夏、黄金柑、ひょう柑、ニューサマー、ジューシーフルーツ・・・

色、形、大きさ、風味様々ですが、主役はなんといっても「甘夏」でしょう。

 

甘夏は夏みかんの枝変わりで昭和初期に誕生しました。

夏みかんより酸味が少なく食べやすいことから昭和30年ごろから各地に普及していったそうです。

普及期から栽培に取り組んでいる明浜では、もう50年以上の歴史があります。

目新しさこそありませんが、樹勢が強いため少々の病害虫で弱ることがなく、

毎年しっかりその実をならしてくれるのが魅力です。

また、農薬をほとんど使わないので、無茶々園の栽培とも相性ぴったり。

今までもこれからも、地域を支えてくれる主要品種のひとつに違いありません。

 

 

外皮だけでなく内皮も厚め。皮を剥くのは少々難儀ですが、そのさわやかな酸味はひと手間かけるに値する味わい。

 

 

さて、そんな甘夏ですが、さすがに今年1~2月の大寒波は堪えたようで・・・。

かつてない低温、どっさりと降り積もった雪により、果実の落果、肥大不良がとても目立ちました。

しかし、甘夏は力強い品種です。

収穫期を迎え、収量こそ落ちてしまったものの、

不安視していたス上がり(果実の中身がスカスカになる症状)などは見られず、

食味についても申し分なし。

生産者・藤本敦さんも「今年の甘夏はうまい!特に陽当たりのいいところはよりうまい!」と太鼓判を押しています。

 

生産者の藤本敦。無茶々園の生産委員長でもあります。

 

また、そのまま食べるだけでなく、皮までしっかり使えるのも甘夏の魅力の一つ。

日本では昔からピールやマーマレードの原料として親しまれています。

先日紹介したかぶすマーマレードと同じ要領で簡単に作れますので、ぜひ挑戦してみてください。

 

▼かぶすマーマレードを作ろう

http://www.muchachaen.jp/?p=3747

※甘夏は5月いっぱいの販売予定ですが、5月の甘夏は風雨にさらされて外観が悪くなりがち。

 マーマレードにするなら4月中の甘夏がおススメです。

 

昨年はカメムシ、台風、日照不足、そして今年は年明け早々に大寒波と、天候には本当に苦労させられます。

しかしながら、それも農業生産の醍醐味のひとつ。

幾多の困難を乗り越えてようやく収穫に至った果実、一玉一玉味わって食べていただけると幸いです。

 

▼そんな甘夏の購入はこちらから

http://muchachaen.shop-pro.jp/?pid=90652184

2018/04/07 (Sat)

農業分野に関わらず高齢化、人口減少の進む日本にとってなくてはならない存在となっている海外実習生。

無茶々園でも急な斜面をものともせず収穫を進める頼もしい姿をよく見かけます。

2002年より外部機関に協力してもらいながら海外実習生の受け入れを行ってきましたが、

この度無茶々園もその中心業務を担うこととなりました。

新事業の開始に伴い、無茶々園事務局の宇都宮広がベトナムを訪ねました。

 

~ベトナム訪問記~

10年振りのベトナム、おびただしい数のバイクと若い人達、若い人と国のエネルギーを感じざるを得ません。

現在、日本にやってくる外国人実習生で一番多い国がベトナムとのこと。

無茶々園も、外国人実習生の受入業務を取り組むことになり送出側の現状を視察しました。

 

ベトナムには、日本に行きたい若者がたくさんおり、日本語学校もたくさんあります。

日本での技能習得を目的にする一方、たくさんの賃金を稼ぐのも目的となっているようです。

そのために失踪する実習生が出ること、また実習が終了し帰国した後、

ほとんどが実習経験が生かされていな事も問題となっています。

これから一緒に事業をすすめていくホーチミンの送出し機関での話や日本語学校の授業風景、

介護事業所での実務研修、実習生の面接など一通りの過程を見ることができました。

 

合わせてベトナムの関連会社:ファーマーズユニオンベンチャー(以下FUV)があるバンメトート市にも行きました。

FUVでは直営農場での野菜の生産と販売、組織した生産者が作る胡椒の輸入や養殖エビ事業を展開していますが、

ここに外国人実習生の送出し事業が加わってきました。

バンメトートでは、無茶々園の元実習生のトン君、ビン君、フォック君、

クン君など懐かしいメンバーが集まってくれました。

事前に声掛けはしているにしても、私たちが来ることを知って何人もの元実習生が集まってきてくれたんです。

胡椒を生産している者、ハウスに関わっている者、つばめの巣の生産?に関わっている人など、

昔話とともに楽しい時間(酒)を過ごすことができました。

「今、どんな仕事してるの」から始まって、「結婚しました、この子が私の息子です」。

「(ファーマーズユニオンの)村上さんや酒井さんは元気ですか」「松本商店のおばさん※は、どうですか」。

彼らから感じた事は、彼らの無茶々園での農業実習は、賃金稼ぎだけではなかったということです。

愛媛県では高い賃金をもらうことができません。

でも、無茶々園が取り組んでいる農業、そして生産者とのつながりができていると感じました。

農業技術も要素の一つではありますが、それよりも人のつながりが大きいと感じています。

この彼らの言葉を聞いてこちらがうれしくなったほどです。

 

バンメトートの地で、かつての研修生トンくん、タイちゃんとともに。

 

本当に農業に興味がある人を募集し、日本語の学習や生活習慣を学びます。

私たちが送り出す実習生はFUVの農場で農業研修を行った後に日本にやってきます。

日本での3年間の実習を終え母国に帰国後は、FUVの農場に関わるもよし、自分で農業もするもよし。

私たちが目指しているのは、日本で実習した経験が生かせること、

拠点のバンメトート市の若者たちが無茶々園で研修をしバンメトートで環境保全型の農業に取り組む。

そういった仲間を増やしていきたいのです。

そこに流通をつなぐことができればベトナム版無茶々園もみえてきそうです。

片山元治がベトナムに行って10年、道半ばではありますが新しい視野が拡がってきました。

 

※松本商店とは狩浜にある唯一の酒屋さん。

 実習生が暮らす研修センターの近くにあり、実習生の誰もがお世話になっています。

2018/03/31 (Sat)

春の陽気に心が柔らかくなる季節。

 

道を歩けばつぼみだった桜が花開き、

はじまりを感じさせる季節となりました。

桜、春の息吹に誘われてついつい外に歩き出したくなります。

 

4月は新生活シーズン。

体が軽くなってうきうきしたり、新しい環境にそわそわしたり、

期待と不安が入り混じる季節です。

 

 

そんな時はいつもの日常の環境を少し変えて、

落ち着ける時間を作るのがおすすめです。

今日はyaetocoのエッセンシャルオイルを使った心のバランスの整え方を紹介します。

 

気持ちを落ち着かせてくれるエッセンシャルオイル。

 

エッセンシャルオイル(精油)は、

植物の花、葉、果皮、果実、樹脂などから抽出した天然の素材(液体)で、

植物の香り成分が凝縮された芳香物質のことです。

 

その中でもyaetocoのエッセンシャルオイルは、

果汁を絞った後の柑橘果皮から水蒸気蒸留法で抽出しています。

 

 

yaetocoのエッセンシャルオイルは伊予柑・甘夏・ゆず・青みかんの全部で4種類。

 

柑橘オイルの主成分であるリモネンには、気持ちを落ち着かせたり元気を出したり、

心のバランスをとる働きがあるといわれています。

 

 

いつものお部屋でゆったりとした時間を。

 

「部屋の中でゆっくり過ごしたいとき、

 仕事とプライベートとの気持ちを切り替えたいときに

 エッセンシャルオイルをよく使っています。」

 

こう話すのは週末に家の中でエッセンシャルオイルを使っているという

無茶々園スタッフの岩下。

 

 

「芳香用の機材を持っていないので、

 マグカップにお湯を入れ、エッセンシャルオイルを3~5滴入れています。

 テーブルの上に置いて、香りを楽しみながら本を読んだり、

 趣味のアクセサリーを作ったり、好きな音楽を聴いたりします。

 甘夏はほっとできる香りなので、ほのかに香る程度が丁度いいですね。」

 

 

芳香浴の過ごし方とその後のお楽しみ。

 

「この方法でだいたい1~2時間くらいは香りが漂うので、

 気持ちを切り替えるスイッチにしています。

 もちろん何も考えずにぼーっとするのもOK。

 

 何かしなくちゃいけないというわけではなくて、

 好きな香りで好きな時間を過ごす。

 

 一年の中でも特に春先は、

 気持ちが揺らぎやすい時期と自分でも感じているので、

 毎週末エッセンシャルオイルを使って芳香浴を行っています。」

 

 

「香りが弱くなったあとは、

 空のスプレーボトルに移してルームスプレーに。

 スプレーする前によく振って、カーテンにシュッシュッとかけて使います。

 

  同じ柑橘でもそれぞれ香りが異なるので、

 甘く優しい香りの甘夏や伊予柑は布団やカーテンなど布製品に、

 青みかん・ゆずのすっきりした香りはトイレや台所などにお勧めですよ。」

 

 

エッセンシャルオイルも実は簡単に楽しむことができます。

いつもの日常にそっと寄り添ってくれるアイテムとして、

生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

▼エッセンシャルオイルの商品情報についてはこちらよりどうぞ。

http://muchachaen.shop-pro.jp/?pid=89878821

 

▼今が旬の甘夏。3月より出荷が始まっています。

http://muchachaen.shop-pro.jp/?pid=90652184

 


yaetocoとは

 

yaetocoは、無茶々園で栽培された柑橘の果皮からとれる精油を活用し、

新しい価値をつくりだすオーガニックコスメブランドです。

「家族で使えること」をコンセプトに無茶々園で大切に育てられた柑橘やハチミツ、

愛媛県産の真珠パウダーといった天然成分を軸にしたコスメ商品を展開しています。

 

名前の由来は、

地域に古くから伝わる「ヤーエートコー(浜は良いところ)」という秋祭りのかけ声。

素敵な人やコトが集まる明浜のあたたかさを、

地域の外へ、そして世界へと広げていきます。

無茶々の里から生まれた柑橘の新しいカタチ、どうぞお楽しみください。

 

 

 

 

 

2018/03/29 (Thu)

こんにちは、無茶々園です。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

早いもので明浜では桜の花びらがひらひらと散り始めました。

日射しも一段と暖かくなり、段々畑では新芽が芽吹いています。

 

収穫を終えた樹は果実に送っていた栄養を全身に巡らせ、春に大きく成長します。

芽を伸ばし葉を茂らせ、4月末には花を咲かせます。

今年の実りはどうなるか。期待に胸躍らせる春がやってきました。

 

さて、今回は初出荷となる『オロブロンコ(スウィーティー)』をご案内。ぜひお試しください。

 

 

~ 初出荷! オロブロンコ(スウィーティ) ~

 

『オロブロンコ(スウィーティ)』

7年前に数人の生産者が苗木を植えましたが、なかなか収穫には至らずにいたオロブロンコ。

ほとんどの生産者が見切りをつけてしまったなか

「今年(実が)成らなかったら切っちゃろうと決めたらやっと成ったんよ。」

と笑うのは原田商二・浩一親子。

今年ようやくまとまった収穫量となり、皆さんにも初めてご案内できました。

 

オロブロンコは、グレープフルーツと文旦との交配で生まれた品種です。

特にイスラエル産は「スウィーティー」と呼ばれますが、どちらも同じ果実です。

グレープフルーツほどの苦味がなく、

果汁が豊富で甘みがありほのかにライチに似た南国を思わせる香りが漂います。

 

文旦の交配種らしく外皮は厚いです。グレープフルーツのように半分に切り、

スプーンですくって食べるのがおすすめです。

 

今後生産が増えるかどうかは今年の評価次第。ぜひ皆様、お試しいただきご感想をお聞かせください。

 

▼「オロブロンコ」のご注文はこちらから 

http://muchachaen.shop-pro.jp/?pid=129845793

 

 

~ あわせてどうぞ!塩蔵わかめと新タマネギ ~

 

『塩蔵わかめ』

ミカン畑を目の前にした宇和海にて育てたわかめ。

そろそろ新モノの収穫時期ですが、その前に昨年産を少しお得にしてお送りいたします。

塩蔵にしておりますので塩抜きしてお使いくださいませ。

 

 ▼「塩蔵わかめ」のご注文はこちらから 

http://muchachaen.shop-pro.jp/?pid=102474393

 

 

『新タマネギ』

春を感じさせる産物の一つ新タマネギ。辛みが少なく瑞々しく、

薄くスライスしてカツオ節と醤油をかけるだけで春らしい一品のできあがりです。

加熱してもとろりとした食感を楽しむこともできます。

 

 ▼「新タマネギ」のご注文はこちらから

http://muchachaen.shop-pro.jp/?pid=89351542

 

柑橘らしい柑橘と野菜、お買い得な海産物。季節の品をぜひどうぞ!

2018/03/17 (Sat)

「育て方がわかったかもしれん」収穫しながら生産者・斉藤達文がにやりと笑う。

2月の下旬、ブラッドオレンジの畑を訪れたときのことです。

 

そもそもブラッドオレンジは愛媛県よりも暖かい地中海性気候のイタリアで盛んに栽培されています。

温暖化の影響による気温上昇を考慮して、全国に先駆けて愛媛県宇和島市を中心に産地化を進めてきました。

無茶々園でも隣町にある果樹研究所からの勧めがきっかけとなり、2006年から苗木を植え始めました。

少しずつ生産者が増え今期より予約注文を承れるほどの収量を見込めるようになりましたが、

この挑戦の中心にいたのが斉藤達文です。

 

斉藤は無茶々園の創設メンバーの一人で、「無茶々園」の名付け親。

有機農業への思いはそのままに、海外実習生の雇い入れを積極的に行い畑の面積を広げてきました。

「本来ならこれだけ畑をひろげたくはなかった」と前置きをしながらも進む高齢化と生産者不足、

荒れていく山を目の前に他に選択肢はなかったと言います。

それでも「(新品種への取り組みや海外実習生との作業は)ま、おもしろいからのぉ」と続くのは、

40年変わることない明浜への思いと農業への挑戦を続けていくという心意気の表れでしょうか。

 

斉藤達文。海外研修生とともに。

 

キャリーには18kgほどの果実が入る。力のある海外実習生の存在感が光る。

 

ブラッドオレンジと一言で表現してもいくつか品種があり、

無茶々園では赤みの強い「モロ」と大きめの「タロッコ」の2つを栽培しています。

モロとタロッコの葉を見せながら「簡単に例えるとモロは温州みかん系、

タロッコは伊予柑系」と説明する斉藤は明浜の環境や無茶々園の栽培方針を考えると

「タロッコ」の栽培が適しているのではと話します。

 

ブラッドオレンジは世界の柑橘産地で古くから作られており有機栽培でも取り組みやすい品種と考えられますが、

耐寒性が弱く冷たい風に吹かれると落下する傾向があります。

1年1年風対策をしながら栽培方法を試しながらと季節を重ね、

10年後には「ブラッドオレンジ(タロッコ)」という名前で皆さんの元へお届けできるようになるかもしれません。

今はタロッコとモロの両方を箱詰めしてお届けいたしますので、「これはどっち?」と楽しんでいただければ幸いです。

 

赤みの入り方は様々。柑橘にも個性がある。

 

ブラッドオレンジの特徴はなんといっても果肉に赤みがさすこと。

この赤みのもとはアントシアニンで近年その機能性に注目が集まっています。

赤みの量には個体差があり、果皮に赤みがさしたものを切っても思っていたほど赤みがなかったり、

その逆もあたったりと期待通りにはいかないものだと実感しています。

ネーブルオレンジといった他のオレンジと同様に果皮は堅いのでカットしてお召し上がりください。

アントシアニンの持つ、イチゴやブルーベリーのような独特の風味を生かすにはジュースを作るのもおすすめ。

ぜひお試しください。

 

▼そんな「ブラッドオレンジ」の購入はこちらから

http://muchachaen.shop-pro.jp/?pid=115485816

 

搾ってジュースにしてみました。マーマレードにするのもおすすめ。