カテゴリー

無茶々ブログ

2015/05/08 (Fri)

東京は青山、国連大学前で実施される「ファーマーズマーケット」に参加いたします。

●ファーマーズマーケットについて
http://farmersmarkets.jp/

●日時
5/9(土)~5/10(日) 10:00~16:00
※5/10(日)は14:00に出店を終えます。ご了承ください。

 

●場所
東京都渋谷区神宮前5-53-70

今回は甘夏、河内晩柑(玉三郎)、なつみ、黄金柑を中心に、ジュースやマーマレードも販売します。
生産者・事務局一同、にぎやかにお待ちしておりますので、
お時間のある方、お近くにお住いの方はぜひぜひお立ち寄りください。

ファーマーズマーケット20150307

 

 

2015/05/04 (Mon)

無茶々園の初夏初夏の代名詞といえば河内晩柑。無茶々園では「玉三郎」の名前で親しまれています。
文旦系の品種らしい苦みと香りの中に広がるさっぱりとしたさわやかな酸味、たっぷりの果汁が魅力です。

河内晩柑

無茶々園が河内晩柑の栽培に本格的に取り組み始めたのは2000年ごろ。

柑橘の少ない春から夏にかけて出回る河内晩柑の人気が出始めていた時期です。

 

明浜から2時間弱ほど車で走った場所にある愛南町は河内晩柑の日本一の産地です。
この愛南町の生産者有志たちがメインとなって栽培に取り組んでいます。
一般栽培から農薬などを抑えた無茶々園の栽培へ切り替えてもらって15年が経ちました。
今回河内晩柑の様子見も兼ねて生産者の取材もしてきましたのでご紹介いたします。

 

〇孝野秀樹さん(47)

孝野さんは、農家になる前はホビーショップの店長というちょっと変わった経歴を持つ生産者。
サービス業経験者ならでは(?)の落ち着いた物言いと穏やかな笑顔は、話していて安心感を与えてくれます。

 

江戸期よりごろから代々農家を営む孝野家。
その昔は畑や田んぼをやっていましたが、県の農業構造改善事業により、35年ほど前から柑橘栽培に切り替えたそうです。
温州みかんや甘夏づくりを経て、今では河内晩柑を中心に栽培。
無茶々園が河内晩柑に取り組みはじめたころから出荷してくれている、つきあいの長い生産者です。

孝野秀樹さん

生産者、孝野秀樹さん。

河内晩柑の樹

大きく育った河内晩柑。

 


〇猪野辰夫さん(66)

やさしそうな表情が印象的な猪野辰夫さん。
孝野さんと同じく猪野さんも10年以上無茶々園流の栽培で河内晩柑づくりに取り組んでくれています。

河内晩柑づくりの苦労を聞いてみると、旺盛には成る品種ではあるものの、生理落果がとても多いこと。
また農薬を控えた栽培なので見た目が悪く、精品率が落ちてしまうことだそう。
「環境負荷を減らすため農薬に頼らない柑橘づくりに取り組んでいます。
見た目は今ひとつかもしれませんが、味の良い柑橘になるように一生懸命手をいれておりますので、
ご理解いただけるとうれしいです。」と語っていました。

生産者、猪野辰夫さん

やさしいそうな笑顔の猪野辰夫さん

 

河内晩柑の生理落果

冬期の生理落果は悩みの種です。

 

とれたて河内晩柑

見た目は今ひとつですが味には自信アリ!

 

試行錯誤を繰り返しながら、額に汗して柑橘づくりに取り組む生産者たち。

その想いをくんでいただきながら、無茶々園の柑橘を賞味いただけると幸いです。

2015/04/24 (Fri)

このたび無茶々園の商品を下記の2つのイベントにて販売いただく運びとなりました。

————————————————————————————–
三省堂書店「神保町いちのいち」

【場所】

 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-1
 三省堂書店「神保町いちのいち」 1階外のゴンドラ前

 

【期間】
 4月1日(水)~4月30日(木)

【特別企画】
 4月25日(土)11:00~18:00ごろ、4月26日(日)10:00~12:00ごろ

 上記期間限定で無茶々園の商品をお買い上げの方に柑橘をプレゼント!

 無茶々園スタッフがお待ちしております。

【販売商品】

 ・yaetocoシリーズ
 ・無茶々園のジュース、マーマレード、乾物などの加工食品

 

詳細は下記リンク先をご確認ください。

https://www.facebook.com/jinbocho.ichinoichi/posts/840311662708580

————————————————————————————–

————————————————————————————–
  CLASKA Gallery & Shop “DO” 」丸の内店

【場所】

 KITTE 4階「 CLASKA Gallery & Shop “DO” 」丸の内店

 〒100-0005 東京都千代田区丸の内2−7−2

 JR東京駅から約徒歩1分

【期間】

 4月27日(月)~5月10日(日)

 営業時間 11:00~21:00(日祝~20:00)


【販売商品】

 ・yaetocoシリーズ
 ・無茶々園のジュース、マーマレード、乾物などの加工食品

 
詳細は下記リンク先をご確認ください。

http://do.claska.com/exhibition_fair/2015/04/yaetoco_1.html

————————————————————————————–

母の日のプレゼントにもおすすめの商品もたくさんございます。
機会のある方はぜひご来場くださいませ。

三省堂いちのいち_売場

2015/03/26 (Thu)

春柑橘の代名詞といえば甘夏。

無茶々園のある明浜では50年以上の歴史があり、昔も今も地域を支える大事な品種の一つです。

とにかく無農薬で作りやすく、樹勢が強いために少々の病害虫では弱ることがありません。
樹齢を重ねた大木になっても毎年しっかり実を成らせてくれます。

3月4月の甘夏はしっかりとした強い酸味が特徴。

果皮もしっかりしているのでマーマレードへの加工にも向いています。
今年は小ぶり傾向ですが、たくさんの実をならしているようです。
出荷期間も5月までと長いのでぜひ一度お試しください。

FU甘夏選果
直営農場ファーマーズ、がんばって甘夏選果中です!

2014/12/27 (Sat)

今年も残すところあとわずか。柑橘の発送にも、いろんな取り組みにも、本年もたくさんの方にお世話になりました。

 

新旧代表

*無茶々園の新旧代表。大津と片山(ベトナムから一時帰国中)。

 

さて、無茶々園は12月28日(日)より翌1月4日(日)まで、年末年始の休業といたします

お問い合わせやご注文などの対応は新年の1月5日(月)以降となりますので、どうぞご了解くださいませ。

 

いよかん

*1月から出荷します。伊予柑。今年は不作傾向ですが・・

 

年が明けるとまもなく、ポンカンや伊予柑の出荷が本格的にスタートします。

温州みかんが終わっても、柑橘の季節はまだまだ始まったばかり。来年もどうぞよろしくお願いいたします。