商品のご紹介

つくり人

やはり自分の生まれ育った故郷で働きたい、
自分の裁量で仕事をしてみたい。

藤本 敦 (ふじもと あつし)

かつて「明浜絣(あけはまがすり)」の行商を生業としていた藤本家。
戦前は九州は宮崎の方まで行商に行っていましたが、戦後の混乱の中、行商を続けるのが苦しくなり農家へ転向。最初はかんきつだけでなく、芋や麦なども栽培していたそうです。

敦さんはそんな藤本家の長男として生まれました。愛媛県立農業大学校を卒業し、「デスクワークよりも体を使った仕事をしたい、青い空の下でのびのびと働きたい」とのとの想いから農家を継ぐことに。

それから数年たった1990年ごろ、「自分たちで作ったものは自分たちで値段をつけて販売したい」と考え、無茶々園へ入りました。

まだ20代半ばの決断でしたが、お父さんの「好きなようにしろ」との言葉に後押しされ、思い切って農薬に頼らない農業へ舵をとりました。

すべての園地を有機農業に切り替える。言葉では簡単ですが、化学肥料・除草剤を使用せず、農薬に頼らない農業は本当に大変です。実際、草刈りや害虫への対策、肥料やりなどの手間はそれまでの比ではなかったと言います。

そんな困難としっかり向かいあいながらも、かんきつ栽培の腕を磨き、今では生産委員長を務めるまでになりました。
自慢の園地は、眼前に広がる宇和海が大迫力の『越の浦(コイノウラ)』。
海端にある急斜面の段々畑は、かつてお父さんの藤本武志さんが力をいれてきた伊予柑園でした。
1991年、2004年の台風によって大被害を受けたものの、その後芋、玉ねぎを経て不知火(デコポン)に改植。
近年ようやく収穫できるようになりました。一度見たら忘れられないこの景色、ぜひ一度見に来て見て下さい。