商品のご紹介

つくり人

「百姓が責任をもって農産物の販売をしていく」ということ。
それをしっかりと守りながら「生産者と消費者の距離感をもっと近くしたい」

 

宇都宮 幸博 (うつのみや さちひろ)

明浜町俵津地区で代々農家を営む宇都宮家。無茶々園にはお父さんの祐一さんの代から所属しており、もう40年近く有機農業に取り組んでいます。

幸博さんはその十二代目。愛媛県立農業大学校を卒業後、いったんは一般企業に就職。3年ほど働きましたが、やはり自分の生まれ育った故郷で働きたい、自分の裁量で仕事をしてみたいと考え、農家を継ぐことに決めました。

それから十数年、今では若手生産者の中心的存在です。
お父さんの祐一さんが惹かれた、「農薬をあまり使用しない農業」、「百姓が責任をもって農産物の販売をしていく」ということ。
それをしっかりと守りながら、「生産者と消費者の距離感をもっと近くしたい」という、自分らしい考えを重ねていきたいと思っています。

写真の園地『アガクラ』には、幸博さんが生まれた年に植えられた甘夏が旺盛に生っています。

みっしりと茂ったジャングルのような急斜面は、歩くことさえ大変ですが、鍛え抜かれた足腰はそれをものともしません。

山から見える生まれ育った町や大好きな海を眺めつつ、今日も農作業に精を出すのです。

みかん山だけでなく海も大好きな幸博さん。夏の農閑期にはもっぱら海に潜り、魚介類を採ります。多いときは一日にタコを20パイも採れることがあります。
こんな贅沢な楽しみが味わえるのも明浜ならでは。山と海とが一体となったこの里を後世に伝えるためにもここで農業を続けたいと語ります。