商品のご紹介

ファーマーズユニオン天歩塾

ファーマーズユニオン天歩塾とは…無茶々園の新規就農者育成機関であり、新しい"農業"と"生き方"の形態を模索する集団でもあります。

ファーマーズユニオン天歩塾は無茶々園の新規就農者の受け入れ・育成機関として
1997年に設立されました。

以来、延べ数十名の実修生が共同生活を行いながら柑橘や野菜の生産に取り組み、
10名程の農場スタッフと5名程の若者が明浜でみかん農家として独立あるいは半独立
の形態で定着するなど、一定の成果を残してきました。

また、日本の農業の先が見えない中、新規就農者を中心として
集落企業的農業という新しい農業の形態を模索し始めています。

ファーマーズユニオン天歩塾の趣旨

ファーマーズユニオン天歩塾・設立趣意

ファーマーズユニオン天歩塾・設立趣意

ここ明浜町でみかん百姓をしている我々の多くは、柑橘栽培を始めて二世代目にあたり、今、第三世代に移りつつあります。かつて「黄色いダイヤ」といわれた蜜柑は、昭和40年代前半で供給過剰となり、約370万トンをピ-クに、以後現在まで供給過剰基調が続き、柑橘農家は半殺しの状態で今日に至っています。

蜜柑の適性需要量は80万トン前後といわれ、今後も農家経済の厳しい状況は続くものと予想されます。

それに加えて、毎年のように起きる異常気象、1996年は遂に収穫量が半作以下となり、1997年はやっと平年作に返ったと思えば、構造不況の中で未曾有の価格暴落。
1998年産の温州蜜柑は4・5月の異常高温によって花が落ち、平年の30%という生産量になりました。
地元での柑橘専業では、あまりにもリスクが大きくなったと考えられます。

そして、米まで自由化し、世界中で日本市場を狙った温州蜜柑栽培がすすめられようとしている中で、労働生産性の上がらない立地条件、後継者不足、労働不足、おまけに嫁さん不足・・・。

こういった現状を踏まえて、リスクの分散のためにも、次代を担う若者達の為にも、夢とロマンの持てる新しい農業を開拓していかねば、と思います。

無茶々園の生き残りは、集落企業的農業の確立が生き残り戦略の一つと考えます。

・・・創業者:片山元治

天歩塾の目指すところ

天歩塾は農業の研修を通して、自立できる新規就農者の育成、農業経営の新しい形態の確立と地域での生活インフラの充実を図り、
併せて自然の摂理を楚とし、宗教・イデオロギーを超えて世界に羽ばたける人間を育てることを目的とする。

やっと歩き始めた子供が梯子に登ろうとする。
これを「てんぽ」な事をするという。

この行為を夢追いロマンの行為と取るか危険な行為ととるか、天歩塾はそこを究めることを併せて目的とする。

・・・創業者:片山元治

ファーマーズユニオン天歩塾の活動

ファーマーズユニオン天歩塾では、農作業を中心として農産加工、生産者派遣、出荷業務などの様々な活動を行っています。
農作業は天歩塾管理農場の運営と地元生産者手伝いの2つに分けられます。
天歩塾管理農場では基本的に有機認証(JAS)に準ずる栽培方法にて農業を実践しています。

地域の担い手育成と共に、大規模有機農業、企業経営型農業の実践、標準化を目指して活動しています。

明浜に拠点をおき、北は松山市北条で野菜や果樹、南は高知県との県境にある愛南町(南郡)にて柑橘栽培をしています。
“受け継がれてきた文化や風習を維持し新しい農業への挑戦”これが天歩塾の基礎となる活動です。

明浜町
無茶々園生産者手伝い

みかん栽培の技術を学ぶには、プロフェッショナルと共に作業するのが一番。
明浜には80軒ほどの有機栽培に取り組む無茶々園のみかん農家があります。ファーマーズユニオン天歩塾が生産者手伝いをすることによって、生産者との交流や栽培技術の伝承等を得ることが出来ます。また生産者への派遣によって地域の労働力を保管する意義も併せもっています。特に11月から1月の収穫シーズンには人手を要するため、生産者の手伝いをする機会も多くなります。

農産加工

自分らで作ったもので、何か加工出来んかなと。
天歩塾管理農場で栽培した農産物や地域にある資源を利用して簡単な加工します。
切り干し大根や梅干し等を作っています。これからじっくり新しい農産加工品を作っていきたいものです。

愛南町(南郡)
南郡柑橘園(御荘・城辺)

FUユニオン天歩塾による柑橘栽培の中心となる圃場のひとつです。
明浜から日帰りあるいは数泊で出かけ、人数を集中した作業を行います。

御荘、城辺あわせて6haの広さがあり、大部分で甘夏の生産を行っています。他には土佐文旦、ニューサマーなどもちらほら。

城辺の畑には2ha近くの開墾地にレモンを定植し、すこしずつ収穫が始まっています。これからの主力品種として期待しています。

松山市北条
風早農場(野菜農場)

2001年に取得した農場。
約5ha のパイロット農場(大がかりに造成した農場)野菜つくりに憧れたみかん山のとうちゃん(創始者:片山元治)が思いきって初めて、はや10数年。みかんつくりには野菜つくりは難しかったかな。ようやく野菜もできてきた。
この風早農場では玉ねぎ、じゃが芋、大根、人参等の根菜類や豆類を有機認証を取得し栽培しています。

北条果樹農場

2004年に取得した農場群(東大団地、シュウシュウ谷、法相寺)。
約11haの農場、緩やかな傾斜のこの圃場では効率的に柑橘栽培が可能で伊予柑を中心に柚子やキウイ等を有機認証を取得し栽培しています。
2004年に北条果樹農園を取得した際、同時に北条地域に第2の研修センターも購入しFU天歩塾の第2の拠点と位置付けました。

無茶々園での研修に興味のある方は…

ファーマーズユニオン天歩塾は新規就農を目指す
研修生を受け入れています。
詳しくは、こちらをご覧下さい。

無茶々園研修係まで
いつでも結構です。一度来たら、家族みたいなもんやけん、
また2回目の方も、いつでもおいでくださいね。

  【 無茶々園研修係 担当:片山 】
〒797-0113 愛媛県西予市明浜町狩浜
Tel: 0894-65-1417(平日 9:00 ~ 17:00)
※ 一旦無茶々園事務所で取り次ぎます。
line