商品のご紹介

無茶々STORY

無茶々(ムチャチャ)とは、スペイン語で、本国では「お嬢さん」メキシコでは「ねえちゃん」、フィリピンでは「女中」の意味なんです。

「ネオン街の蝶を追っ掛けるより、蜜柑畑のアゲハチョウでも追っ掛けようや。」「無農薬、無化学肥料栽培なんて無茶なことかもしれないが、
そこは無欲になって、無茶苦茶に頑張ってみようや」という意味を含めて「無茶々園」と命名しました。

農薬や化学肥料に頼らないでみかん作りをしていくこと。これが無茶々園のスタートであり、基本となる考えです。
化学肥料は使わず有機物で育てる。除草剤もいっさい使わず雑草対策はもっぱら人の手で。農薬にはできるだけ頼らずに、使用する場合にも環境を考えて有機栽培で認められているものを優先する。
この栽培方針のもと、地域の多くの農家が無茶々園のみかん作りを行っています。

1974年(昭和49年)5月、広福寺(愛媛県西予市明浜町)住職の好意で15aの伊予柑園を借り受け、有機農業の研究園を作り、本格的活動を
開始します。現在では100haを超える規模になり、大規模環境保全型農業を足掛かりに、地元に根ざした、若者が生きて
いける新しい感覚の農業システムの構築を目指しています。

  • 1974年 5月、農業後継者の若手が広福寺住職の好意で15aの伊予柑園を借り、『無茶々園』が誕生する。
  • 1975年 自然農法の福岡正信氏(伊予市)の園地を見学し、
    無農薬・無化学肥料での栽培をはじめる。
  • 1976年 無茶々園の農業に対する考え方が大筋でまとまる。
  • 1977年 ヤギ10頭を長野より購入し、有畜複合農業をはじめる。
  • 1978年 無茶々園が初めてマスコミに登場(NHK、朝日新聞、愛媛新聞など)。
    メディアに取り上げられ、有機農法について理解が広まり、販売も全国へ
  • 1979年 会員4名の自園地にて試作栽培をはじめる(1ha)。販路拡大のため東京研修を開始。
    神田市場、自然食品店、生協、消費者グル-プ、日本有機農業研究会などに出掛け、栽培技術から販売に至るまで勉強。
    全国自然保護連盟の高知大会に出席。
    無茶々園規約を作り、機関誌『天歩』の発行をスタート。
    明浜町LPG基地誘致に反対運動に参加。
  • 1980年 都市型産業の導入が破綻したことで、無茶々園のノ-トピア構想が日の目を見る機会がでてきた。
    ※農のユ-トピア・・・・『ノ-トピア』
  • 1983年 なんな会(無茶々園婦人部)発足。
  • 1984年 蜜柑価格の低迷により、地域へ普及拡大を図る。
    会員数が32名に増加。
    無茶々園事務所を開設する。
  • 1987年 農協も有機農業部会として無茶々園を認めることを理事会で決定。
  • 1988年 明浜町農協に有機農業部会を発足。会員数64名に、面積56ha。
  • 1989年 NHK『おはようジャーナル』にて全国放送され、消費者会員が急速に増える。
    『農事組合法人無茶々園』設立(資本金70万円)。
  • 1990年 日本有機農業研究会の大会を明浜で開催する。
    第2次ヤギ牧場を開設。
    会員数も面積も町内全体の1割を越え、着実に若い農業者に浸透していった。
  • 1991年 機関誌『天歩』の定期発行をはじめる。
    明浜産のちりめんじゃこの販売開始。
    台風19号による塩害・風害でみかん園が壊滅的な被害を受ける。
  • 1992年 真珠の販売を開始する。
    台風に負けないぞパック出荷。
  • 1993年 『株式会社地域法人無茶々園』設立(資本金1,000万円)。
    生きがい農業として絹さやの生産を始める。
    本浦地区においては、50haの蜜柑園にスプリンクラー統一施設が出来上がり、地区全体で無茶々園に取組むか、
    農薬の散布をするかで意見が分かれながらも奮闘。
  • 1995年 日本労働者協同組合連合会に参加。町に働きかけてヘルパー講座3級講座開講する。
  • 1998年 新規就農希望者の受け入れ拠点として『研修センター』を作る。
  • 1999年 『ファーマーズユニオン天歩塾』を設立。
    南郡(愛南町)にて甘夏の園地を取得し、
    大規模有機農業の取り組みを始める。
  • 2000年 西予市宇和町にて出荷場を取得し、
    『有限会社有機生活しこく』設立(資本金300万円)。
    明浜町外へ柑橘生産者を拡大する。
    狩浜の2地区でスプリンクラーによる農薬の共同散布が中止される。
    無茶々園IT革命スタート、農家にパソコンを導入する。
  • 2001年 農事組合法人無茶々園が『ISO14001』を取得する。
    松山市・北条にて北条風早農場を開園し、『有限会社ファーマーズユニオン北条』を設立する。
  • 2002年 『NPO法人研修生招聘協会』を通じて
    フィリピンからの海外研修生受け入れを開始する。
    また、ベトナムとの国際交流を
    目的として『有限会社メビウスジャパン』設立。
    宇和出荷場に柑橘の光センサー選果機を導入する。
    北条にて伊予柑・ゆずの農場と、宿舎を新たに取得する。
  • 2003年 JAS有機認証制度がはじまり、認証を取得する。
    南郡にて米の作付、販売をはじめる。
  • 2004年 『地域協同組合無茶々園』を設立し、複数ある組織の1本化へ。
    再び2度に渡る台風の塩風害を受け、柑橘の枯死が深刻になる。これをきっかけとして明浜の柑橘園地では
    改植(植え替え)の推進をはじめる。
  • 2007年 エッセンシャルオイルの製造を開始。
    元気な年寄りの会『妄想コンドルの会』による炭焼き、シイタケ栽培がはじまる。
    ベトナムから農業研修生の受入を開始する。
  • 2009年 女性有志の会『てんぽ屋』が地域での配食サービスを開始
  • 2011年 明浜地区の生産者会員が73名、
    110haとなり、町外の生産者が約80名となる。
  • 2012年 『yaetoco』(コスメ・エッセンシャルオイル)の販売を開始。
  • 無茶々STORY
  • 無茶々STORY
  • 無茶々STORY
  • 無茶々STORY
  • 無茶々STORY
line