商品のご紹介

かんきつ無茶々園のある愛媛県明浜町は柑橘栽培の盛んな町。無茶々園の主役です。

出来るだけ自然のままに…
農薬や化学肥料に頼らないでみかん作りをしていくこと。これが無茶々園のスタートであり、今でも基本としている考えです。
化学肥料は使わず有機物で育てる。除草剤もいっさい使わず雑草対策はもっぱら人の手で。農薬にはできるだけ頼らずに、使用する場合にも環境を考えて有機栽培で認められているものを優先する。この栽培方針のもと、80軒以上の農家が無茶々園のみかん作りを行っています。

無茶々園のかんきつのおいしさの秘密とは
無茶々の里のある愛媛県西予市明浜町は、宇和海を南に臨み暖かな気候に恵まれたかんきつの名産地です。「耕して天に至る」と表現されるような石垣の段々畑や急な斜面が広がっています。

町全体が南向きなので太陽の光がよく当たり、「海からの照り返し」と「段々畑の石垣からの反射」によって上からも下からも光を浴びます。

また、畑が急斜面にあるため水はけがよく、海に面した園地には、潮風にのって木が育つのに大切なミネラルがたっぷりと運ばれてくるのです。

そうしたみかんが美味しくできる自然条件に恵まれているだけでなく、農家が「どんな肥料をあげ、どんな土作りをし、どんな世話をすれば、さらに美味しいみかんができるのか?」を日々考えています。

どれだけ農家が汗をかいたのか。

それこそが一番の美味しさの秘密かもしれません。

無茶々園かんきつ

無茶々園ではおおまかに、このようなスケジュールで柑橘が出来上がっています。
それぞれの柑橘にはそれぞれの旬があります。

私たちは、その柑橘の一番「おいしい!」と思える時期にお客様への発送をするようにしています。

無茶々園の柑橘作りをご紹介します

無茶々園の農家は、農薬や肥料の使用について共通の栽培方針で柑橘作りに取り組んでいます。



  • 0.除草剤や化学肥料は使用しない
  • 1.農薬は毎年ゼロからスタートしてなるべく最低限に抑える。
  • 2.病害虫の発生がある場合は、有機栽培で使用可能な天然物由来の農薬で対応する。(有機栽培の基準)
  • 3. それでも抑えられない異常発生の場合のみ、回数を3回までに限って化学農薬を使用する。(低農薬栽培)(愛媛県の一般的な栽培における防除指針では、化学農薬18回が基本になっています。)

収穫へ重大な影響が出る場合に止むを得ず化学農薬を使用することもありますが、それも一年に渡る栽培の結果。
一年一作のみかん作りの中で「最低限」に抑えるように取り組んでいます。

柑橘の発送にあたっては、基本的に上記栽培方針の『2』まで(有機栽培基準)の品物をお送りいたします。
ただし、病害虫の異常発生時には『3』(化学農薬3成分まで)の基準となります。
化学物質へのアレルギーなど、化学農薬の使用時には発送しない対応もできますので、ご注文時にお伝えくださいませ。

オンラインショッピングで購入

FAXでのお申し込みはこちらから

無茶々園かんきつ
  • 極早生みかん
  • 温州みかん
  • ポンカン
  • 伊予柑
  • ネープルオレンジ
  • 不知火(デコポン)
  • せとか
  • 甘夏
  • 清見
  • 河内晩柑(玉三郎)
  • レモン
  • かんきつセット

農薬の使用は最低限に抑えていますので、見た目はピカピカではありません。果皮につく病気の痕や、昆虫の付けた小さな傷など、少なからず外観は悪くなります。また収穫期にワックスや防腐剤、ホルモン剤なども使わないため、外皮がしなびたりヘタが落ちやすくなります。ただし、極端に外観の悪いものや鮮度には気をつけて発送いたします。どうぞご理解くださいませ。

果実の大きさは様々です 果実の大きさは様々です

外観の良さが重視される一般流通ではサイズ分けが基本になっていますが、本来樹から取れる果実は大きさが不ぞろい。また年によっても大きさの傾向は異なり、毎回キレイにサイズが揃うものではありません。
極端に大きいもの、小さいものは除いて、大小サイズ混みで箱に詰めて発送いたします。(温州みかんでは一般流通のS~2Lあたりのサイズ混みとなります。)

現在販売中の季節の商品 ご購入について
  • 極早生みかん

    極早生みかん

    酸味ふつう

    甘み弱め

    内皮薄く柔らかい

    外皮薄く柔らかい

    ない

    果汁多い

    サイズ5~7.5㎝

  • 温州みかん系統のなかで一番早い時期に食べ頃を迎えるのが極早生みかん。外観はまだ青みがあっても中身が先行して熟れていきます。爽やかな風味でみかんらしい香りが楽しめる、柑橘シーズン到来を告げるみかんです。

    一昔前は10月のみかんは早生品種を青切り(早採り)していましたが、今は極早生専用の品種を作っています。出始めはまだ外皮の青みが強いのですが、徐々に色付きが進み、晩秋のみかんの風味に近づいてきます。

    柑橘類の中でも開花から収穫までの期間が短く、温州みかんと比べて少し小振りサイズのものから出荷しています。

  • 温州みかん

    温州みかん

    酸味ふつう

    甘みふつう

    内皮薄く柔らかい

    外皮薄く柔らかい

    ない

    果汁多い

    サイズ5.5~8㎝

  • 温州みかんは数百年前に日本(鹿児島)で生まれたといわれています。手軽さと食べやすさから、私たちにとっては一番なじみの深い柑橘になっています。

    11月には早生系から熟れ始め、南柑20号などへ移っていきます。出始めはフレッシュな香りと爽やかさを感じますが、秋が深まるにつれてより落ち着いた風味に変わっていきます。

    無茶々園でも温州みかんは常に柑橘栽培の中心。傾斜地や段々畑での栽培に適しており、適地適作の作物です。近年は温暖化の影響で無農薬化が厳しくなってきましたが、農家にとっては愛着のある柑橘です。

  • ポンカン

    ポンカン

    酸味ふつう

    甘み強め

    内皮薄く柔らかい

    外皮薄く柔らかい

    あり

    果汁少なめ

    サイズ6~9㎝

  • インド原産で明治時代に台湾から伝わってきたアジアの柑橘。みかんのように手軽に食べることができ、みかんよりも甘みの強い柑橘です。

    愛媛県はポンカンの生産量も日本一。この愛媛でも明浜はポンカンの名産地として通っています。生産量が目立って増えてきたのは最近のこと。温暖化で平均気温が高くなり、ポンカン栽培に適した気候になってきたためです。

    出始めは太田ポンカンという早生品種で甘みは控えめですがフレッシュな風味が魅力です。1月下旬ころから濃厚な甘みが楽しめる普通ポンカンへと移っていきます。

  • 伊予柑

    伊予柑

    酸味やや強い

    甘みふつう

    内皮厚く硬め

    外皮厚い(加工には向く)

    あり

    果汁多い

    サイズ8~10.5㎝

  • 山口県で発見されたのが起源ですが、愛媛での生産が盛んなことから伊予柑と呼ばれます。果汁たっぷりながら弾けるような食感の果肉。香りが良く、似かよった品種がない孤高の柑橘です。

    伊予柑は愛媛県での栽培量が断トツに多く、最近は多品種化の影響を受けて少しずつ生産が減っていますが、無茶々の里も伊予柑産地としての歴史を重ねてきました。加工用途も多い品種です。

    収穫は12月から1月にかけて行い、倉庫で数週間~1か月ほど貯蔵しながら出荷していきます。長期間の貯蔵をすることで酸味が抜け、まろやかな風味になっていきます。

  • ネーブルオレンジ

    ネーブルオレンジ

    酸味ふつう

    甘みふつう

    内皮薄く柔らかい

    外皮薄いが硬い

    ない

    果汁多い

    サイズ6.5~10㎝

  • 柑橘類のなかで、世界で最も生産量が多いのがオレンジ類。ネーブルオレンジはその一種で、甘みと酸味のバランスが良い早生系のスイートオレンジです。

    無茶々の里では伊予柑などと並んで古くから作っておりますが、栽培や貯蔵管理がデリケートなことから、あまり生産量は増えず、細々と作り続けております。

    一玉がずしりと重いネーブルオレンジ。出荷は熟れすぎるのを待たずに行います。最初はちょっと酸味の効いた新鮮な風味ですが、よく熟れさせると果皮から甘い匂いが漂い、手に持つと粘るような感触がしてきます。

  • 不知火(デコポン)

    不知火(デコポン)

    酸味ふつう

    甘み強い

    内皮薄く柔らかい

    外皮厚めだがむきやすい

    ない

    果汁多い

    サイズ7~10㎝

  • 清見とポンカンの掛け合わせで誕生しました。掛け合わせとしては大成功した品種です。やや厚めの皮をむけば中は柔らかく手軽に食べることができ、糖度も非常に高いのが魅力です。

    不知火(デコポン)を本格的に植えたのは2005年頃。ちょうど伊予柑に代わる品種として取り組んでいます。いま無茶々園の不知火はまだ10年足らずの若木が多く、これから主力品種として推していきたい柑橘です。

    とにかく糖度は間違いなく乗ってくる力強い品種です。病害虫にはかなり強いですが、デコボコした果皮には小さな傷がつきやすく、選別には気をつかいます。

  • せとか

    せとか

    酸味ふつう

    甘み強い

    内皮薄く柔らかい

    外皮薄いがやや硬い

    ない

    果汁多い

    サイズ6.5~9㎝

  • 清見とアンコールの交雑種にさらにマーコットを掛け合わせ誕生しました。風味に複雑さがあり、たっぷりの果汁で濃厚な甘みの中に、独特の芳香があります。

    愛媛を中心に栽培が広まってきたのは2000年以降。栽培が難しく生産量が少ないため、柑橘の中でも高級感を失わない品種です。

    複雑な掛け合わせだけに樹勢が弱く、有機栽培では病気が付きやすいのが難点。特に黒点病は突起状となり非常に外観が悪くなってしまいます。梅雨頃にせとかの表皮が黒点病と戦った痕だそうで、そんなせとかの一年を思い浮かべながら食べていただけるとありがたいです。

  • 甘 夏

    甘 夏

    酸味強い

    甘みふつう

    内皮堅い

    外皮厚く硬い

    あり

    果汁ふつう

    サイズ9~12㎝

  • 夏ミカンの枝代わりとして昭和初期に誕生しました。大きさや果肉の様子、独特の苦みなど文旦系の特徴を持っていますが、さわやかな酸味が一番の特徴です。

    無茶々の里でも甘夏栽培は50年以上の歴史があります。品種が移り変わる中でも甘夏の生産量は安定しており、昔も今も地域を支える大事な品種の一つです。

    とにかく無農薬で作りやすい品種といえば甘夏です。樹勢が強く少々の病害虫では弱ることがありません。出荷期間は長く、後半ほど酸味はまろやかになり、逆に春の温度と降雨のため外観は悪くなります。汗ばむ頃ほど美味しく感じる初夏の味です。

  • 清 見

    清 見

    酸味ふつう

    甘みふつう

    内皮薄く柔らかい

    外皮やや厚く硬い

    ない

    果汁多い

    サイズ6.5~9㎝

  • 温州みかん(宮川早生)にオレンジ(トロビタ)を掛け合わせて誕生しました。オレンジとみかんの特徴を合わせもっており、たっぷりの果汁と柔らかな果肉が特徴です。

    樹上で完熟させるために収穫は3月になってから。冬本番の寒害と春先の鳥害から果実を守るため、一つ一つに袋をかけてあげます。

    愛媛では佐田岬半島あたりでよく作られていますが、無茶々園で作り始めたのは最近10年ほど。伊予柑に代わる冬から春の新しい品種を模索するようになり、清見オレンジもその一つとして植え始めています。

  • 河内晩柑(玉三郎)

    河内晩柑(玉三郎)

    酸味やや強い

    甘みふつう

    内皮堅い

    外皮厚く硬い

    あり

    果汁とても多い

    サイズ8~13㎝

  • 昭和初期に熊本県河内町の民家で文旦から偶然に発生した品種です。文旦に近い苦みと香りがありますが、何といってもたっぷりの果汁が魅力です。

    一大産地である愛媛・愛南町の生産者の有志が、農薬を控えた栽培に取り組み始めたのは2000年頃。出荷期間が長く柑橘シーズンを広げてくれました。4月は酸味もあってしっかりした味で、5月に入るとより食べやすくなってきます。

    一番の難点は冬季の生理落下。果実がすべて落ちるほど激しいため、落下防止の化学農薬を使わざるを得ません。そのため河内晩柑についてはすべて化学農薬3回までの低農薬栽培となります。

  • レモン

    レモン

    酸味とても強い

    甘み少ない

    内皮やや厚い

    外皮やや厚く硬い

    あり

    果汁ふつう

    サイズ5~7.5㎝

  • レモンの原産地はインドのヒマラヤ山麓と言われています。香酸柑橘の代表的な品種で世界各地で栽培されています。レモンは他の柑橘と異なり、四季咲きといって一年に何度も花が咲きます。 出荷時期は10月~翌春までと長いのが特徴です。秋にはまだ果皮は緑色ですが、年末にかけて徐々に黄色く色がついていきます。 無茶々園では最近本格的にレモン栽培に取り組んでいますが、難点は寒さに弱いこと。また枝には鋭いトゲがあり、強風に吹かれると果実や葉に傷がついてしまいます。天候に振り回されて苦戦しながら作っているところです。

  • かんきつセット

    かんきつセット

    各品種の特徴について、主だった要素を品種ごとに紹介しています。
    あくまでも”目安”ですが、品種比べの参考にご覧ください。

    酸味弱い ~ 強い

    甘み弱い ~ 強い

    内皮薄い(柔らかい)
    ~ 厚い(硬い)

    外皮薄い(柔らかい)
    ~ 厚い(硬い)

    ない ~ あり

    果汁少ない ~ 多い

    サイズ赤道面の直径

  • 冬から春にかけてはたくさんの品種が旬を迎える「柑橘の季節」。新しい品種も増えて、ますます賑やかになります。
    いろんな品種を少しずつ楽しみたい方へ4~5品種ほどの柑橘を詰め合わせたかんきつセットです。

    1月伊予柑、ポンカン、スイート、スプリング、はれひめ など
    7.5㎏ 3,360円

    2月ネーブル、八朔、はるか、不知火(デコポン)など
    7.5㎏ 3,360円

    3月清見、せとか、甘夏、土佐文旦など
    6㎏ 3,360円

これも一緒にどうですか?
  • ジュース 柑橘加工品

    無茶々園の柑橘類を利用し
    たジュースやマーマレード
    の他、みかん蜂蜜なども
    扱っています。

    もっと見る
  • かいさんぶつ

    ちりめんの祇園丸を中心に、
    宇和海の海産物もご好評頂い
    ています。真珠も全国屈指の
    美しさです。

    もっと見る
  • 産物いろいろ

    宇和と愛南町一本松のお米
    と自社農園で捕れた野菜や、
    乾物なののいろいろな加工品
    をご案内します。

    もっと見る

無茶々の里の海の幸と山の幸の詰め合わせ。
こちらにあるものをよーく見渡して、”田舎の母からのお届け物”をテーマに、
柑橘・野菜など無茶々園定番の商品のみならず、その時期に美味しい物を
無茶々の里からかき集めて詰め合わせています。
(およそ2ヶ月に一度の発送です。)

ギフト商品をもっと見る

商品のご購入について

特定商取引法に基づく表記