カテゴリー

お知らせ

2018/07/02 (Mon)

≪はじめに≫

無茶々園が事務所をおく愛媛県西予市明浜町狩江(かりえ)地区は、

宇和海を南に臨むみかん作りと水産業が盛んなまち。

住民約800人ほどの集落ですが、

耕して天に至ると表現される段々畑に穏やかで恵み豊かな海、

先祖代々受け継がれてきた秋祭りなど、

ここにしかない魅力にあふれた地域です。

 

その一方で、産業の減収傾向・少子高齢化といった課題もかかえています。

このままの状況が続けば、ゆくゆくは限界集落となり、

先人から受け継いできた里山を後世に伝えていくこともいつしか困難になるでしょう。

 

そうした課題を解決すべく、

狩江の住民たちによって組織されたのが地域づくり団体「かりとりもさくの会」。

有志が中心となって地域を盛り上げるための活動を行っています。

とはいえ、地域住民だけで新境地を拓いてくことはなかなか大変。

新しい風を吹き込んでもらうべく、

かりとりもさくの会では地域おこし協力隊を募集する運びとなりました。

 

地域おこし協力隊としての主な活動内容は、かりとりもさくの会の運営補助。

地域住民や市と連携して活動計画にもとづいた業務に従事してもらいます。

また、狩江に定住してもらうために、「地域内事業者への就職支援」も実施します。

無茶々園の仕事のお手伝いはその一環。

地域の仕事、無茶々園の仕事をこなしながら、

ゆくゆくは狩江地区に定住してもらいたいと考えています。

 

いなかで暮らしたい、地域づくりのお手伝いをしたい、

無茶々園の仕事に関わってみたいという方がいらっしゃいましたら、

下記内容をご一読の上ぜひ応募してみてください。

 

急峻な斜面に広がる段々畑、目の前には宇和海を臨む、風光明媚な場所です。

 

 

≪仕事の内容≫

❏無茶々園

地域内事業者への就職支援として、

株式会社地域法人無茶々園の仕事に携わってもらいます。

生産者と消費者をつなぎ、みなさんに無茶々園を届けること。

これが無茶々園事務局の仕事です。

生産管理・販売・業務といったさまざまな仕事がありますので、

実際に働いているスタッフの声をまとめてみました。参考にしてみてくださいね。

 

~販売事務担当 藤森美佳~

「農作物を育てる」以外のこと。それが無茶々園の事務局スタッフのしごとです。

その中で私は販売事務の担当として、

2ヶ月に1度送るニュースレター「天歩(てんぽ)」の発送準備に始まり、

注文受付などを含む消費者の方々とのやりとりや出荷補助、

時期によっては梅や豆類の選果など様々なしごとに携わっています。

もともと「無茶々園でこれがやりたい!」といった強い希望があったわけではなく、

先に移住していた夫を追いかけてきた身。

ひとつの役割に縛られることなく

多種多様な分野に取り組めることが魅力の一つだと思っています。

 

また、はじめて無茶々園の伊予柑を食べ、

「こんなにおいしいなんて!」と感動したことを今でも鮮明に覚えています。

もちろん他の柑橘やジュース・マーマレードといった加工品、

ファーマーズユニオン天歩塾の作る野菜や

祇園丸のちりめんなど挙げればきりがありませんが、

無茶々園の商品は本当においしいものばかり。

単純に自分自身が無茶々園のファンであることがしごとの原動力になっています。

 

事務局のしごとは、『私でなければできない』ことは1つもないと考えています。

だからこそ、今ある役割の中から自分ができることを増やし、

自分自身でしごとの価値高める=しごとをおもしろくするように心掛けています。

 

 

~業務担当 岩崎年浩~

生産者と消費者の仲介役となる事務局の中で、

業務担当は集出荷場が主な担当となります。

生産者から柑橘や野菜を出荷場で受け取る会話の中には、

消費者や販売先へ伝えたい情報が溢れています。

 

実際に栽培をしたことのない自分では、

充分な情報が聞き取りきれない事も多いのですが、

海外実習生に仕事を教える経験をもっている農家さん達は、

教え慣れている方も多いので、

柑橘や栽培に関する知識も聞けば学べる環境です。

 

販売計画や気候条件と照らし合わせながら、

青果物の収穫ペースの調整したり、加工品の製造計画を考えつつ、

商品がスムーズに販売されていく道筋を立てる役割になりたいと思い働いています。

 

「この仕事は、誰の利になっているのか。」

引越しを機に仕事を探す際、重視していた点です。

安心して食べられる物を選びたいと思っている消費者と、

努力して応えようとする生産者さん。

そんな人たちが満足して暮していける状況を作れれば、

きっと自分にとっても居心地が良くなるのではと思っています。

 

今回インタビューを受けてくれた藤森と岩崎。

事務所として使用している旧狩江小学校の裏の畑で撮影しました。

 

実際に無茶々園で働いているスタッフの声、いかがでしたでしょうか。

次に受け入れ団体となる「かりとりもさくの会」のお仕事について紹介します。

 

❏かりとりもさくの会

かりとりもさくの会に所属し、理事が行っている下記業務の補助をしてもらいます。

 

・理事会などの会議の運営

・議事録や報告書といった文書の作成

・会計処理

・ホームページの運営

・かりえ笑学校(旧狩江小学校)の管理

・取材対応

 

会長である原田孝二さんより一言。

「地域にとけこみ盛り上げてくれる素直で元気で明るい方をお待ちしています!」

 

かりとりもさくの会のみなさん。ほがらかで明るい人たちばかり。

左から2番目が会長の原田孝二さんです。

 

 

最後に応募条件や待遇、手続きのなどをまとめています。

西予市のホームページのリンク先も併記していますのであわせてご確認ください。

 

▼西予市 地域おこし協力隊(田舎で働き隊) ~狩江地域~

http://www.city.seiyo.ehime.jp/material/files/group/7/karitorimosakunokaiyoukou.pdf

 

≪受け入れ団体≫

・かりとりもさくの会

 

≪募集人数≫

・1名

 

≪応募条件≫

次に該当する人が応募できます。

・年齢が、満20歳以上39歳以下の方(性別は問いません。)

・生活の拠点を3大都市圏と政令指定都市または地方都市としている方。

・地域おこし協力隊員として採用後、西予市に住民票を異動し、

 地域が指定する住宅に居住できる方。

・普通自動車運転免許証を取得している方。

・住民と協力しながら、積極的に地域づくり活動のできる方。

・コミュニティビジネス・ソーシャルビジネスに興味のある方。

・任期終了後、活動地域において起業・定住に意欲がある方。

 

次に掲げる条件の何らかに該当する人は応募することができません。

・成年被後見人又は被保佐人(準禁治産者を含む)。

・禁錮以上の刑に処せられ、

 その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの人。

・過疎、山村、離島、半島等の地域に住まわれている方。

 

≪報償費、待遇、福利厚生≫

・月額172,000円(国民健康保険等自己負担分含む)。

・雇用の形態ではなく、委嘱となります。

・西予市と受入地域づくり組織が地域おこし協力隊の活動に要する

 支援業務について委託契約を締結します。

 隊員の活動や生活上の直接的な支援については、

 受入地域づくり組織が行います。

・住宅は、受入地域づくり組織(かりとりもさくの会)が準備した物件を

 無償貸与又は個人が借りた家賃を補助します。

 光熱水費等は、自己負担となります。

・活動に使用する車両については、受入地域づくり組織が貸与します。

・活動に関連して出張等を行った場合は受入地域から旅費を支給します。

 

≪委嘱およびその期間≫

・西予市から委嘱を受けるかたちになります。市との雇用関係は発生しません。

・採用の日から平成31年3月31日までを一区切りとし、年度更新により最長3年まで。

 (活動実績などにより更新をします。)

  

≪応募手続≫

下記書類を西予市役所まちづくり推進課に提出しください。

・提出書類

・せいよ地域おこし協力隊応募用紙

・履歴書(市販のもの) 1部

・レポート(字数に制限はありません。書式は自由)

 地域おこし協力隊員に応募した動機(地域を選定した理由)、

 自分にできること・やりたいこと、今までの経験を全て含めて書いてください。

 

※応募用紙は下記リンク先下部にある、

 「せいよ地域おこし協力隊応募用紙」をダウンロードしてください。

 http://www.city.seiyo.ehime.jp/ijyu/yattimiru/3365.html

※提出された個人情報については本公募のみに使用し、その他の目的には使用しません。

 

≪応募先≫

〒797-8501 愛媛県西予市宇和町卯之町三丁目434番地1

西予市役所 まちづくり推進「地域おこし協力隊員」募集係

 

≪選考方法≫

【一次選考】

書類選考の上、合否の結果を応募者全員に文書等で通知します。

 

【二次選考】

一次選考合格者を対象に、地域の方および市役所職員との面談等を実施します。

日時・場所等については、一次選考結果通知でお知らせします。

二次選考会場までの旅費は旅費規程に準じて計算し、3万円を上限に支給します。

 

【最終選考結果の通知】

二次選考終了後、速やかに二次選考受験者に文書等で通知します。

選考の経過および結果についての問い合わせには応じられませんので予めご了承下さい。

 

≪問い合わせ先≫

❏仕事の内容について

株式会社地域法人無茶々園

担当者:高瀬

電話:0894-65-1474

Fax:0894-65-1638

Eメール: emucha@muchachaen.jp

 

❏応募条件、給与待遇、諸手続きについて

西予市企画財務部まちづくり推進課 地域振興係

担当者:中井

電話:0894-62-6403

Fax:0894-62-6574

Eメール: machidukuri@city.seiyo.ehime.jp

2018/11/24 (Sat)

無茶々園の看板娘といえば、温州みかん。

ほど良い甘さと酸味、手軽さと食べやすさから、

日本で一番親しまれている柑橘です。

一番美味しくなるのは 11 月から12 月にかけて。

これから本格的なみかんの季節がやってきます。

 

本格的な収穫シーズンが始まる11月はじめ。

段々畑のオレンジが濃くなってきました。

果実の色づきは非常に順調で、酸味の抜けも早く、

出始めから食べ良い仕上がりとなっています。

今年は春先の気温が高かったために開花時期が例年より 10 日ほども早く、

その後の生育も急ぎ足で進んできました。

 

今年のみかんは熟期が早いため、

年末年始近くよりも 11 月から 12 月なかばまでがおススメです。

これからがみかんの本番。

ぜひぜひ今年のみかんを味わってください。

 

▼温州みかんの購入はこちらから。

http://muchachaen.shop-pro.jp/?pid=94998358

 

農家も収穫をがんばってます!まさにシーズン最盛期、たくさん食べてください。

2018/11/22 (Thu)

7月の豪雨被害により、無茶々園のある西予市明浜町内でも土砂崩れが相次ぎ、

みかん園地やモノレールなどの施設に多数の被害が出ました。

収穫作業に必要になるモノレールを中心に、いま徐々に復旧作業が進んでいるところです。

 

さて、そんななか、西予市役所、JAひがしうわ、無茶々園など、既存組織の枠を超えて、

産地の復興を進めていくことができないかと動き出しました。

 

実際に町内で生産者から聞き取りを行ったところでは、

園地の復旧や収穫作業等に人手が足りていないとの声が上がっています。

 

これから年明けまでは収穫や出荷で生産者が最も忙しくなる時期。

いま明浜ではみかんの収穫などにお手伝いをいただける方を募集しています。

http://www.muchachaen.jp/arbeit.pdf

 

もちろん無茶々園の生産者でも人手を必要としているところがあります。

明浜での農作業にご協力いただける方はぜひご応募くださいませ。

 

なお、受付の窓口はJAひがしうわとなっています。

無茶々園での作業を希望される方は申し込みの際にご相談ください。

 

2018/10/26 (Fri)

10月も半ばを過ぎると、明浜の家々ではいつもにもまして庭木をきれいに整える

姿をよく見かけるようになります。

「ここ(狩浜)は年末の大掃除じゃないけん。お祭りの大掃除やけん」という

話が良く飛び交うほど、秋祭りにむけて家の周囲はもちろんのこと中の隅々まで整えていくのです。

 

たくさんのお客さんでにぎわう生産者宅。掃除にも気合がはいるはずです。

 

 

その秋祭りはいよいよ今週末に開催されます。

一年に一度のハレの日であり、狩浜中が朝から晩までやんややんやと盛り上がる一日でもあります。

皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、10月27日(土)から28日(日)は

お休みさせていただき、休業期間中のメール・ご注文受付・お問い合わせについては

10月29日(月)より対応いたしますことどうぞご了承くださいませ。

 

祭りの華・牛鬼。牛鬼の切り回しが見どころの一つ。地域の若者15人で担ぎ上げる。

 

ここ数年雨続きの秋祭り。今年のお天気やいかに。

2018/10/06 (Sat)

今年もいよいよ柑橘シーズン到来。

先陣をきるのは、「早採り(はやどり)みかん」。

温州みかん系統のなかで一番早い時期に食べ頃を迎える極早生品種を、

無茶々園では早採りみかんと呼んでいます。

 

冬の大寒波に夏の豪雨。

かつてない天候に見舞われた今期のみかんの出来はどうでしょうか。

生産者に聞いてみました。

 

「今年は本当に天気に振り回されたけど、みかんはしっかり成ってるよ。」

と話すのは原田兼章さん。

農事組合法人無茶々園の理事も務める、農業歴20年のベテラン農家です。

 

 

2月の大寒波では、かつてないほど外気温が下がり、

みかんの樹にもかなり影響がでるかと思われましたが、

春になるとしっかりと新芽が吹き、勢いよく成長してくれました。

おかげでたくさんの実が成り、

今年は摘果(てっか)※をしっかりしようとねと話していたところで7月の豪雨。

崩れた農道や畑、壊れた施設の整備に追われて摘果が思うように進まず、

量はあるものの全体的に小玉傾向になってしまいました。

 

 

※摘果

実が多く成りすぎているとみかんの樹が疲れて、

翌年の果実の量が減ってしまう可能性があります。

これを予防するために果実を摘み取ることを「摘果(てっか)」といいます。

 

ですが、食味はいたって良好。

小ぶりなわりに酸抜けがよく、やさしい甘さを感じる仕上がりです。

あっさりしているので、思わずたくさん食べてしまうかも。

ただ、例年よりもかなり酸抜けがよい分、日持ちはあまりしないでしょう。

届いたら早めに食べていただくことをおすすめします。

 

 

台風の影響でカメムシが発生したり、果実に生傷ができて傷んだりと、

心配ごとも多いけれど、ようやく迎えた収穫期。

今期ならでは風味を楽しんでいただけると幸いです。

 

▼そんな早採りみかんの購入はこちらから

http://muchachaen.shop-pro.jp/?pid=89316421

2018/09/25 (Tue)

まだまだ日中は汗ばむほどの陽気ですが、

無茶々の里・明浜でも少しずつ秋らしい涼しい風が吹き始めました。

生産者は早採りみかんの収穫・出荷に向けた準備と合わせ、

秋祭りへむけた練習なども始めていますが、

事務局では11月の交流会へむけた準備を進めています。

 

この交流会は無茶々園40周年記念イベントとして昨年から開催し、

のべ60人を越える会員の皆様にお越しいただきました。

交流会のメインイベントはなんといっても段々畑の見学と収穫体験。

ニュースレター天歩を通して段々畑の様子をご紹介していますが、

実際に見るとそのスケールと坂の傾斜に驚かれること間違いなしです。

(もちろん収穫体験をする場所はできるだけ平坦な畑を選んでいます)

 

昨年の収穫体験の様子。こちらの受け入れ農家は原田兼章さん。

 

 

昨年11月、12月の交流会の受け入れ農家だった

大久保六仁さんの感想をご紹介します。

 

—————————————————————————————————–

無茶々園40周年記念の消費者交流会の開催に際し事務所より、

「第一回11月11日にH様、第三回12月9日にS様がおいでになります、

生産者指定されているので大久保さん、

収穫や選果体験のご案内をお願いしまーす」とのこと。

え~今年は台風・カメムシ等でミカン少ねーし、

11月は良いけど12月は厳しいなーどうする、

まー無くなったら早めのポンカンでも採って貰うか、

と言う事で第一回を迎えました。

当日、H様と緊張の対面、到着が遅れた事もあり挨拶も早々に出発、

途中段々畑と、私の一押しの山岳公園展望台より宇和海と無茶々の里を一望、

みかん園に着いたのはもう夕方、ミカンの味見で終了。

集合場所に行くも誰も居なく、時間的に夕日が見れそうとビューポイントに急行、

絶好のタイミングで見る事が出来、喜んでいただきました。

二日目も天気に恵まれ、収穫と選果、

箱詰めと体験して頂くとともに色々とお話も出来、

初めての体験でしたが有意義に過ごす事が出来ました。

 

引き続き12月に第三回目の交流会、今回は一日目事務局の方で案内が行われ、

私たちは懇親会より参加。今回のS様のお子様のT君とは約4年間、

返信ハガキ等でやり取りしており、どんな子かな?と興味津々でご対面。

翌日は、何にでも興味を持ち勉強熱心なT君に、

私たちの栽培している柑橘の味見をして貰おうと、

伊予柑、ポンカン、早生八朔とシーズン前で少々酸っぱいと思うのですが

“おいしい”と言って食べてくれました。

その後、この日の為に残しておいた温州ミカンと自家用の原木シイタケの収穫。

見ているとなかなか手器用、その横でニコニコして見守っているお父さんに

温かい気持ちを感じながら収穫終了。

それから、倉庫に帰り選果、箱詰めと一通りの作業をして頂きましたが、

時間の余裕が出来たため、例の山岳公園展望台より宇和海と無茶々の里を一望。

その風景に感激してくれた様でした。

 

事務所での反省会では“また来ます!

一週間でも良かった”と感想を述べてくれたのにホッとし、

別れには少々寂しさを感じてしまいました。

この様な会は初めての経験で至らない事ばかりでしたが、

いつも想像するだけの方と、

直に触れ合える機会を与えて頂いた事に感謝すると共に、

これを機に益々ミカン作りに精進していきます。

 

T君家族と大久保六仁さん・智子さん。

—————————————————————————————————–

 

 

無茶々園では”お付き合い農家制度”があります。

指定した生産者の柑橘を優先的にお送りするこの取り組み、

昨年来られたHさん、Tくん家族には毎年大久保さんの柑橘をお届けしています。

いただいたお葉書やご注文書をとおして想像する皆さんと実際お会いできることは

生産者にとっても事務局にとっても感慨深いもの。

皆さんのお越しをわくわくしながらお待ちしています!

 

朝晩ぐっと冷え込んでくると、みかんの色も緑からオレンジ色に変化してきます。

葉が茂り深い緑に囲まれていた畑の中に水玉模様を描くように現れる果実。

遠目からでもみかんの実りがはっきりとわかり、

何度見ても飽きないかわいらしい景色を作りだします。

11月には段々畑一面に広がる水玉模様を楽しむことができるはずです。

交流会のスケジュールやお申込みについては下記ブログをご確認ください。

http://www.muchachaen.jp/?p=4280

 

その後、T君から事務局へも嬉しいお葉書が届きました。

T君ありがとう!ぜひまた来てね。