カテゴリー

お知らせ

2019/03/13 (Wed)

聞きなれない名前の柑橘、「オロブロンコ」。

グレープフルーツを交配させて誕生した新しい品種です。

アメリカやイスラエルでの栽培が盛んで

「スウィーティー」という名前でも知られています。

貯蔵し味が落ち着いてから箱詰めをするオロブロンコの

今期の出荷がいよいよ始まります。

 

今年の出来を聞こうと原田浩一の畑を訪れたのは2月のこと。

技術指導を受けている先生に勧められ

8年前に苗木を植えましたがなかなか実をつけず、

同時期に植えた他の生産者が見切りをつけていく中、

辛抱強く栽培を続けやっと出荷できる量が育つようになったと言います。

 

グレープフルーツのように果汁がたっぷりでありながら

苦味や酸味が柔らかく

「すっきりとした味わいで(グレープフルーツよりも)美味しいと思う。

 暖かくなってきた春にあう柑橘」。

自分で育てたひいき目をあるかもしれないけど、

と謙虚に話すのは豪雨の影響で潅水ができなかったため。

今年は少々小ぶりながら豊富な果汁は健在。

オロブロンコの良さをしっかりと味わうことができます。

 

グレープフルーツのように半分にカットしスプーンですくって食べるのが

定番ですが、外皮から漂う甘い香りも魅力の1つ。

カットする前にライチのような南国を思わせる香りも楽しんでください。

 

無茶々園の中でも生産者が少ないオロブロンコ。

そのうちの一人である原田浩一は

「まだまだ若い樹。味はこれからもっと良くなる」

と見つめるのは未来。

若き生産者の挑戦やいかに。

 

 

 

▼オロブロンコの購入はこちらから

http://muchachaen.shop-pro.jp/?pid=129845793

2019/03/07 (Thu)

明浜に吹く風はまだひんやりしていますが、

山を見ればあちこちに黄色い菜の花や、ピンク色の梅の花。

だんだんと、春が近づいている気配を感じます。

この時期になるとそろそろかな、

と待ち遠しくなるのが、新たまねぎ。

 

3~4月頃にとれる早生品種のたまねぎを総称して

“新たまねぎ”と呼んでいますが、

通年食べられるたまねぎと異なるのは、

時期だけではありません。

一番の特徴は、たまねぎ特有の辛みが少ないこと。

そのため生のままでも食べやすく、

加熱すればさらにトロリとした甘みが楽しめます。

また、表面の皮が薄くて柔らかいため、

丸ごと調理するのにも適しています。

乾燥や貯蔵はせずに、

採れたてのみずみずしさをそのまま味わう、

季節感たっぷりの野菜なのです。

 

この時期にしか味わえない、みずみずしさが魅力です。

 

無茶々園では毎年、おもに明浜町田之浜地区で、

新たまねぎが栽培されています。

今回、取材のお願いをしたところ

「ちょうど、あそこの畑のたまねぎが

 よいよ(=とても)、大きなっとるわい」と、

生産者の大中一郎さんが連れて行ってくれたのは、

明浜らしい急斜面の段々畑。

田之浜の絶景スポット、と言ってもいいくらい、

海と山が見事に一望できる場所に、

たまねぎ達が葉を青々とさせて収穫を待っていました。

特に暖かい気候といわれる田之浜のなかでも、

この畑は抜群の日当たりと水はけの良さで、

美味しいたまねぎがいち早く育つんだそう。

葉の下を覗けば、食べ頃ですよといわんばかりに、

きれいな色白が土から顔を出しています。

収穫は一つずつ手で触れて確かめ、

程よい大きさになったものから掘り取っていきます。

 

たまねぎが育つのにとっておきの地形とはいえ、

やはり苦労はつきもの。

もちろん機械なんて入らないから、

一段一段、苗植えから肥料まき、

マルチ張りまで、すべて地道な手作業です。

重い肥料袋も担いで上まで運ばねばならず、

相当骨が折れるそう。

それでも毎年秋になると、ここに約9,000本

(無茶々園全体では約30,000本)もの苗を植え、

来春の収穫に向けてコツコツと育てていきます。

苗がちゃんと大きくなるか、

冬の寒さや雪に負けてしまわないか、

最後までしっかり肥ってくれるか・・・

心配事は尽きないのですが、

乗り越えていける秘訣はきっと、田之浜の仲良し夫婦、

そしてご近所同士のチームワークの良さにあるのでしょう。

「どうしてここでたまねぎを育てるんかって、

 一番は自分らで食べて美味しいからよ」。

大中さんと共に、

たまねぎを作り始めて10年以上になるという土居与次さん。

今年も手間ひまかけて、無事に冬も越え大きくなったたまねぎ、

「たくさん食べてもらってや」と、思いのこもった笑顔でした。

 

田之浜のたまねぎ農家たち。

 

さて、田之浜流おすすめの食べ方、一押しは天ぷら!とのこと。

スライスして、お刺身のツマにもよく合います。

また、普通は捨ててしまう葉の部分も、

煮物や汁物に入れて美味しく頂けるのだそう。

焼き鳥のネギの代わりにもなる

(いや、ネギよりも美味しい!)んだとか?

 

楽しみ方は皆さんのアイデア次第。

たまねぎなら食べ慣れてるよ、という方も、

新たまねぎはやっぱり特別、一年で今だけの味わいです。

ぜひ、ご賞味くださいね。

 

▼新たまねぎの購入はこちらから

http://muchachaen.shop-pro.jp/?pid=89351542

2019/03/06 (Wed)

入札公告結果報告について

 

1.競争入札に付する事項

⑴ 事業取組主体:有限会社てんぽ印

⑵ 補助事業名 :平成30年度産地収益力強化支援事業(松山市産地パワーアップ事業)

⑶ 入札内容  :乾燥加工機器一式【年間処理量36.8t】

⑷ 納入場所   :愛媛県松山市萩原乙39-7

⑸ 納期     :平成31年 3月25日(予定)

 

上記に係る一般競争入札について、

去る12月10日に一般競争入札を実施しましたので結果を掲載いたします

 

入札結果報告(PDF)

 

2019/03/06 (Wed)

入札公告結果報告について

 

⑴ 事業取組主体 :有限会社てんぽ印

⑵ 補助事業名  :平成30年度産地収益力強化支援事業(松山市産地パワーアップ事業)

⑶ 工事名     :農産加工処理施設建屋新築工事

⑷ 工事場所    :愛媛県松山市萩原乙39-7

⑸ 工事概要    :農産加工処理施設 建屋(木造) 99.726㎡

⑹ 工期      :着工:平成30年12月14日(予定)

          :完成:平成31年 3月25日(予定)

⑺工事請負契約締結:契約書のより有限会社てんぽ印と契約する      

⑻入札事項    :建築工事請負金額

 

上記に係る一般競争入札について、

去る12月10日に一般競争入札を実施しましたので結果を掲載いたします

 

入札結果報告(PDF

 

pagetop